読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

押し入れを掃除する

今週も1日しかバイトが入っていない。楽だけど寂しい。


こういうときこそ家のことをやる。
北の部屋に隔離していた塚を切り崩して、買い取りに出すものと捨てるものに分ける。
押し入れを改造したくなったから、計画を練る。
ちょっと出ているものをしまいたかっただけなのに、埃の積もり具合に辟易した。以前と比べたら掃除の回数も増えてるし、気づけば掃除するけれど、もう少しマメにやらないと体に悪そうだから、こまめに掃除するシステムを構築しようと考えている。そんなもの構築しないと掃除もできないのか。そうです、ワタシは掃除が嫌いなのです。それでもだいぶ、腰は軽くなったのです。


押し入れ改造計画を前に、押し入れの中を掃除した。中身を出して、埃を取って、また戻す。ワタシがやらなければ誰もやらない作業。実家でも模様替え以外でやってるのを見たことがないから、何年も掃除もしていないんじゃないかと思う。
年に4回くらいは掃除しているけど、やっぱりものすごい埃。もっと簡単に掃除できるようにしないと、埃は溜まる一方だ。なんとかしよう。


片づけてできるようになることや、
片づけて気づくことはたくさんあると、
改めて感じる。
アレルギーも軽減するといいな。

f:id:kiccasan:20170220155307j:plain

塚も順調に切り崩している。


□□□読んだ本□□□

モノのために家賃を払うな!~買えば買うほど、負債になる

モノのために家賃を払うな!~買えば買うほど、負債になる

週末の趣味

もともと休みの日にはごはんを作ってくれていた料理好きなチチ。ダイエットを始めてから、さらに料理好きになった。

ようするに、明けても暮れてもごはんのことを考えているわけで。

最初のうちは糖質制限をしているチチに遠慮していたものの、だいぶ体重も落ちてきたのでチチは週末のごはんを楽しみに平日をやり過ごしている。大好きなお菓子も甘いものもガマン。ムスメ以外はお菓子に執着が少ないので、家計でお菓子を買うのを減らした。ワタシもついでにダイエット。ムチムチのムスコも成長とともに締まってきて、ひとりでお菓子を食べている年ごろのムスメは逆にムチムチしてきたけど。


そんなチチの最近の楽しみは、週末に自分の食べたいものを作ること。
もともと食べるのも作るのも好きだけど、冒険はしないタイプだった。それが、最近はいそいそとレシピ検索して新しいメニューに挑戦している。

https://www.instagram.com/p/BQsBYm0A6ME/
【パパごはん】パイコー麺 鶏肉バージョン

スイーツも。

https://www.instagram.com/p/BQsW4saAmaB/
【パパスイーツ】手作りプリン アップルシナモンジャムトッピング
https://www.instagram.com/p/BQaLUElB_AH/
【パパスイーツ】いちごのミルクレープ

おかげさまで、週末は体重が増えるのが悩みの種。でも、楽しくごはんを作ってくれるのは、こちらもありがたい。



□□□読んだ本□□□

広告を非表示にする

がま口キーケース

初めてがま口を作ってみた。

f:id:kiccasan:20170219125253j:plain

財布が小さすぎてがま口が大きく見えるけど、カードサイズくらい。がま口パーツは100均で買ったもの。


今までは、お気に入りのキーホルダーをつけてリールでカバンに引っ掛けていた。それはそれでよかったんだけど、持ちものの見直しをしていて、いざというとき用のテレホンカードがスマホケースに入っているのはおかしいと気づいた。公衆電話で電話をかけるのは、スマホを忘れたときか電波や電池がないときくらいだ。かといって財布に入れるのも、財布を持ち歩かないこともあるワタシには合わない。

f:id:kiccasan:20170219130216j:plain

鍵をつけるタブをつけた。がま口パーツ以外の材料は家にあるもの。
大好きな点と線模様製作所のmoriは、他にも2種類のポーチやファブリックパネル、カーテンタッセルも作った。ホントにこの生地は色も柄もど真ん中だし、意外といろんなとこで使える。自分で作ったものに愛着が持てなかったワタシだけど、この生地で作ったものはちゃんと使っている。飴玉の飾りは、スカイツリーのショップでムスメの金平糖イヤリングと一緒に買った。やっぱりかわいい。

中には、昔入手したちょっと恥ずかしい柄のテレホンカードと電話番号を書いたメモと、ジュース代の200円。鍵とスマホだけ持ってウォーキングに出かけても、自動販売機で飲みものも買えるし直売スタンドで野菜も買える。



がま口パーツをはめ込むのが思いのほか難しくて、指がボンド塗れになった。けど、ボンドは完全に乾いてから濡れた布で拭き取れば大丈夫。


借りものだったリールは、ムスメのパスケースにつけてご返却。家の中のものもカバンの中のものも、少しずつお気に入りに変えてゆこう。



□□□読んだ本□□□
アカネちゃんと涙の海

アカネちゃんの涙の海 (講談社文庫)

アカネちゃんの涙の海 (講談社文庫)

広告を非表示にする

やっぱり4月始まり

手帳に家計簿をつけているのだけど、やっぱり手帳は4月始まりがいい。


メリットとしては、

・無駄な部分が少ない。
1月始まりの手帳は10月とかから始まるけど、4月始まりはせいぜい3月から。

・年度で区切れる。
税金の引き落としも、学校関係も4月が年度初めで3月で終わる。わかりやすい。

デメリットとしては、

・種類が少なくて選べない。
気に入ったものを見つけても、1月始まりしかなかったりする。悔しい。


いろいろ試してみて、今のワタシが求めるのは、
・月間ダイアリーが書き込みやすい。ついでに、方眼や罫線の余白がある。
・余計な飾りやキャラクターがない。
・週間ダイアリーがフリースペースになっている。横長じゃない。



そうやって、いるかいらないか、買うならどんなものがいいのか、手持ちのもので対応できないか、これ以外考えられないというものに出会えたか、など、今はひとつひとつ毎回悩んで探しまくってけっきょくやめたり、買ったものの気に入らなかったり、買ったときには何も考えていなくてけっきょく買い替えたり、まったくムダなことばかりしているように思う。

でも、これは練習なのかもしれない。

失敗や後悔を繰り返し、買わなくなったものも多いし、お気に入りのものも増えた。あったらいいなと思ったものでも、やっぱりいいやと思い直すことも増えた。

f:id:kiccasan:20170218072050j:plain

結果的には前に進んでいるのかなぁ。



□□□読んだ本□□□

モモちゃんとアカネちゃん (講談社文庫)

モモちゃんとアカネちゃん (講談社文庫)

口座を解約する

自分の銀行口座をひとつ解約した。
20年前くらいにバイト先で作らされた口座だった。だから、その支店には行ったこともない。

長らくお世話になりました。

その銀行自体はまだ家計用口座が残っているのだけど、チチの給料が振込になったら違う銀行で口座を作らされるらしいから、とりあえず保留。そうなったら、また解約に行くのか。あれこれ手続きもしなきゃならないのか。今のうちに調べておこう。


ワタシはお金に疎い。チチはもっと疎い。
チチは計算はできるけど、ワタシは計算ができない。
サイアクの組み合わせだ。だから、きっと貧乏なんだ。チチの給料なんて、20年も働いて工場長なんて肩書きもらったけど、手取りは大卒の初任給並み。よくぞよくぞやりくりしてきたな、ワタシ。

なんだか悲しくなってきた。
今だけな、今だけ。
悲観してたってどうにもならないから、ワタシはもう少しお金について勉強する。

今度、レポートでもまとめます。発表はしないと思うけど。


あと今は、食べなくてもいられる身体になりたい。

f:id:kiccasan:20170216141945j:plain

日々、勉強。
日々、精進。
日々、身辺整理。
死ぬときのためではなく、生きるために。

広告を非表示にする

見直すべきこと

塚を崩しながら、本を読みながら、いろいろ考えている。あの本は、何度も読んで学ぼうと思って買ったのだ。お値段分のものを吸収したい。


ムスメがチチとプラモデルを作るために、邪魔でしまってあった折りたためないテーブルを組み立て直すのが思いのほか面倒だった。そして、面倒なことをまたやるのがイヤだからそのまま居間に置いてあり、それがまた邪魔くさい。使うのなら買い直そう、とポイントを使って買うことにした。

ついでに、塚を崩しながら捨てるものと売るものを分けた。もちろん捨てるもののほうが多いけど、売るものもさらに追加された。捨てることに抵抗のある家族も、売るのならば参加してくれるかもしれない。そんなふうに考えていたら、ふと本棚を動かす気になった。


北の部屋の本棚は小さなもので、大きな本棚を処分するときにたくさんの本を売ってくれたチチがどうしても手放せなかった本や、その後に買った本が入っている。子どもたちの殿堂入りの絵本も入れていたけど、さらに数を減らして思い出の品が入っている天袋に収めた。

チチの本を子どもたちが勝手に読んだりいじったりしないように北の部屋に置いたのだけど、今は子どもたちも自由に出入りして勝手に本を読んでいる。ならば、家族の本を1カ所にまとめて家族文庫みたいにしたらどうだろうと考えていた。学級文庫ならぬ家族文庫。お互いに好きな本を読んでいい。
でも、実際全員の本を置く場所はなくてその考えは留まっていた。でも、この小さな本棚を居間に置くことくらいはできる。手始めにチチの棚にサッカーの本だけを移動してみたら、さっそくチチが読んでいた。逆に、チチのものを北の部屋や廊下の物入れに押し込めることによって、チチは疎外感を感じていたかもしれないと思った。

f:id:kiccasan:20170214125727j:plain

ついでに、テレビ台のガラス扉を外してみた。中は埃まみれだった。扉がついていようと埃まみれなら、扉がついていないほうが掃除は楽だと思う。わが家にはいたずらするようなサイズの子ももういないし、扉がないほうが薬箱も使いやすい。


わが家の居間は家族が集まる場所で、だからなんだかものもいっぱい集まっている。ごちゃごちゃして感じるけど、使わない部屋にあると死蔵品になってしまう。使えばいいんだ、単純なことだ。

しばらくはチチの本が目にうるさいと思うけど、毎日目にすることで「いらないな」と思うかもしれないとも少しだけ期待している。


もひとつオマケに、ラベルライターを使おうと思ったら電池が切れてて、単4電池を6本も使うことが判明したので、あれも売ってしまおうと考えている。けっきょく電池を買いにゆくのが面倒くさくて、テープに油性マジックでしのいじゃったんだもの。


□□□読んだ本□□□

お金を整える

お金を整える

広告を非表示にする

もっともっと片づけたい

バイトが閑散期に入りなんだか寂しいと感じながらも、その情熱を家の中に注ごう!とまた片づけとダイエットに勤しむ日々を送っている。
昨日は、ムスメのバレンタインチョコを配達するついでに、実家から借りていたものをそっと返してきた。


最近、何度目かの抜き作業をしているので、北の部屋に塚ができている。もうこの段階になると、スパッと「いらない!」と判断できるようなものは減ってきて、何度も繰り返してきた片づけを乗り越えてきた叶わない理想や憧れみたいなものを手放す感じだから、なんとなく躊躇いもある。でも不思議なもので、その理想や憧れみたいなものに見切りをつけることに思ったより家族は淡白だったりする。ワタシの行動に驚かなくなっただけなのか、それとも、そんなものにはとうに見切りをつけていたのか。邪魔でしかなかったワンダーコアも、捨てるか売るかしてもいいか義理パパに聞いてみてと頼むとあっさり了承を得た。チチの死蔵品のプラモデルは、なぜかムスメが興味を持ち始めたので2人で仲良く楽しんだらいいと思う。使っていれば、問題はないのよ。ムスコのときは自分のコレクションを出す気はさらさらなかったから、チチも変わってきているのだろう。プラモデルの次は、死蔵品の車関係や、ゲーム類にも気持ちが向く可能性もある。長い目で見守ろう。



久しぶりに実家に寄ったら、やっぱりカオスだった。まだまだ元気な両親でも、片づけるには気力と体力が必要らしい。ワタシだって、仕事が忙しいときには停滞する。だから暇なときにガツガツやるのだ。
買いものの失敗も目の当たりにする。失敗を受け入れるのはツラい。でも、今思い切ってしまえば、きっとスッキリする。子どもたちに買った折りたためないテーブルが邪魔で仕方ないから、折りたためるテーブルに買い替えたい。買い替えよう。思い切って買い替えることだって必要なことなんだ。間違いを認めて反省してやり直すのは、人生と一緒。開き直ってやらないと、後悔を引きずることになる。


さて、今日も休みだ。動こう。
ママチャリのブレーキが死んだから、直してもらいにいかなきゃならない。


□□□読んだ本□□□

お金を整える

お金を整える

久しぶりに本を買った。古本だけど。
まず、財布を整理してみた。
いきなりは受け入れられないかもしれないけど、今ならポイントカード3枚でも暮らせる。どんどん迷いは減っている。
目からウロコなことは、いまだにたくさんある。