たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

100個チャレンジ

ごろごろアイスは無事に完成した。

今回は中学年ばかりの小粒なメンバーだったけど、懐こい子ばかりでみんな可愛かった♡ ケンカも押しつけ合いもなく、仲良く楽しくやってくれたから、おばちゃんも楽ちんだったわ。なんでかリレーのジャンケンに混ぜられて走らされたけどね。

終わったら近所の女子を引き連れてのんびり帰り、用意しといたお昼を食べてムスメは再び学校へ。ムスコは友達を呼んでゲーム三昧。ハハは部屋のすみっこで昼寝……陽に当たったからかまったく起きられず、ムスコたちの会話で「部屋に蜘蛛がいる」と言われても夢か現実かの区別もつかないありさま。けっきょくゲームの中の話だったんだけど、ハハの夢の中にもタランチュラ的なヤツが出てきたわよ。


昼寝から起きて、昨日から読み出したかの有名な『100個チャレンジ』を読んだ。
男性だし、温暖な気候の場所だし、暮らしようも違うけど、趣味の道具の話なんかはかなり参考になったし、すごく腑に落ちた。ワタシもいろいろかじったけど、今残すとすれば手芸と編みものと自転車くらいか。カメラは今迷っているところ。iPhoneカメラの精度がミラーレス機並みになれば、手放せるような気がしている。いや、iPhoneカメラでじゅうぶんかもしれない。
自転車はママチャリだからとくに専用の道具もないし、手芸の道具や材料も最小限に減らした。本は図書館で借りるほうが多い。文房具の類は家族も使えるように共有にした。裁縫道具も、編み針以外は家族も使うことを想定している。

まぁ、100個は無理にしても1度数えてみたらいろいろ見えてくるかもしれない。ワタシの場合は本棚の代わりに思い出箱をひとつに数えたい。そんなふうに考えながら一気に読んだ。読みやすくて面白かった。

ワタシはミニマリストに憧れているわけじゃない。でも、狭い家だし、ここ数年でものがたくさんあることにストレスを感じることに気づいた。
この夏に計画している子ども部屋引越し計画で強制的に整理することにはなると思うけど、その前に自分自身を見直してみたいと思っている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村


◻︎◻︎◻︎読んだ本◻︎◻︎◻︎

100個チャレンジ  生きるために必要なモノは、そんなに多くない!

100個チャレンジ  生きるために必要なモノは、そんなに多くない!

広告を非表示にする