たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

ムスメの弱点

けっきょく今年もムスコの遠征には応援に行けなかった。
その代わり、ムスメの試合に2日連続で応援に行ったわけだけど、まだまだ子どもたちにも甘えがあるし、ワタシたちも甘やかしすぎているなぁと痛感した。いろいろと手や口を出しすぎているし、気を回しすぎている。だから、子どもたちは自分で考えようとしないし、自分から動かない。

さてさて、3日間親から見られることなく生活してきたムスコは少しは成長してるのかな。先月の遠征と林間学校と段階を経てきたけど、自分で支度するというミッションは最終的に怒鳴られなくちゃできなかった。

今回、3日間ムスメと向き合って気づいたのは、ムスメは要領がいいようでいて1度に1個以上のことを覚えていられないということ。ついつい思いついたことをポンポン言ってしまうけど、最近の彼女は2個目を言われた時点で聞く気をなくして逆ギレする。覚えられないからだ。学校やサッカーの練習なら覚えられなくても周りを見てなんとかできるけど、日常のことをムスメ限定で言われると覚えられない。そして、言われたらすぐにやればいいのにやらない。やらないで、逆ギレする。

そういう傾向は遊びでもあった。
集中して遊んでいても、次のことを思いつくと遊んでいたものをそのままに次の遊びを始める。ムスコもそうだけど、ムスコは指摘すると中断して片づけてまた遊びに戻れる。ムスメはまず中断ができない。学校では次の作業に入る前に必ず片づけの時間があるから支障はないようだ。ちなみに、ムスメは学校では器用で要領がいいほうなので、みんなが終わっているのに自分だけ終わらないということもほとんどない。だから、家の中だけの問題なのだ。

あと、ムスメは絶対に自分の非を認めない。
これが1番の問題だなぁと思う。
ワタシとムスコはどちらかというと自分が悪いとくよくよヘコむほうだけど、いったい誰に似たもんだかねぇ、と責任者との不毛なやりとりをジッと見つめるばかりである。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする