たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

吹っ切れたら、また捨てた。

先日、子どもたちが急にいろいろ捨て始めたことを書いたが、実はその直前にワタシも捨てたかったものをゴミ袋に入れた。古いセラミックヒーターだ。実はあれはチチと再会する前に付き合っていた人に買ってもらったのだけど、まだ使えるから使っていた。モノには罪はない、と考えるタイプである。それでも、壊れたり趣味が変わったり、見切りをつけたりして、彼にもらったものはこれで最後なんじゃないかと思う。意図せず、その時期に撮った写真やなんかもなくなり、その彼と関わるような人脈ももう途切れた。Facebookの「知り合いかも?」に出てきて驚いたけど、結婚して子どももいるようで、素直によかったな〜と思った。別れるときはちょっとゴタゴタしたし、ばったり出会ってしまうかもしれない距離に住んでいるけど、もう今は彼と付き合った時間よりチチや子どもたちと家族でいる時間のほうがずっと長くなったから、胸を張って「あら、久しぶり!」と世間話もできるんじゃないかと思う。まぁ、ワタシが振ったほうだしね。

それから勢いづいて、ストレッチポールを捨てる宣言した。
洗濯したら色移りしてしまったムスメの浴衣も、お下がりに出そうとして迷っていた子ども服も、使わずに残っていた安っぽい景品のボールペンも捨てた。ついでにメーターボックスの中を整理して、壊れたオモチャや砂場道具も捨てた。友達の妹ちゃんがお下がりにもらってくれる予定のムスメのシルバニアファミリーは、洗って干してしまおう。


ワタシ自身のものも、バッグをさらに3つに厳選してみた。
毛玉のついたTシャツと色褪せたパンツを処分することに決めた。パンツは理想のものが見つかったら買い替える予定。他のTシャツも今季で買い替え予定にして、新しいものを探そうと思う。候補に挙がっているのは青のリネンパンツと青と白のボーダーTシャツ。まだ理想のものは見つかっていない。


あと、年代物のオイルヒーターを粗大ゴミに出して、古い布団を買い替え、小さなエアコンとすのこベッドを買って子ども部屋と寝室を交換し、ついでにチチに自分のものを見直してもらえたら、と考えている。
迷っていた子どもたちの机についても新たなアイディアが浮かんだから、検討してみようと思う。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村


あと、夫婦で吹っ切れたことがもうひとつ。
子どもに関わる人づきあいのこと。
合わない人とムリヤリ仲良くしようとするのはやめた。
性格や生活基準が違うけど嫌いではないから一緒にいるときは仲良くしようと思うけど、誘ったとか誘われなかったとかそういうのはその場の流れでいいじゃないかと。とくにチチはワタシとムスコの人づきあいの下手さ具合にヤキモキしていたみたいだけど、もうそういうのはどうでもよくなったと言われた。人づきあいが下手だと言うけど、誰とも話さないわけじゃないし、誰かといるときはなるべく一緒に行動するし、誘われれば行くし、親戚づきあいもそこそこ上手くやってるし、少なくともワタシはそんなに敵も多くないし、厄介な人と言われる人とでもそれなりの関係を築いている。人によっては、ワタシが社交的な人間だと思ってる人もいるぐらいだ。
それは認識違いだよ。基本は人見知り。あとはなるべく人を嫌いにならないだけ。噛みつかれれば噛みつくし、嫌いな人は嫌い。