たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

甘さの代償

朝、子どもたちを合宿に送り出してきた。チチも今日から仕事だ。やっとひとりだー!と思ったのに雨でガッカリだ。部屋の移動作業も昨日フライングでやってしまったから、ホントにやることがない。仕方ないから、子どもたちを送った帰りにポテチを買って、カウチポテトを気取って溜まりに溜まったブラタモリを見ている。


午前中にちょっと子どもたちのものを見ていたのだけど、とにかく細かいものが多い。大きなおもちゃやなんかは誕生日とクリスマスにしか買わないし、最近はゲームソフトや実用品になってきた。問題はお土産の類。キーホルダーや文房具、小さいから必要なくても捨てられない。実際、ワタシもそんなのをたくさん持っていた。もちろん、お土産でいただいたものもあるけど、買ってあげたものもある。お土産という言葉に弱いのである。ついでに、ご褒美という言葉にも弱い。これからは、ご褒美もお土産も形が残らないものにしよう。

とりあえず、ついついしまい込んでしまう細かいものを、ストレスにならない程度に見える化して、本人たちに使い切ってもらうか、見極めをしてもらうか、買ってあげるほうにももらうほうにも存在を意識してもらわねばならない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村


チチもハハもご褒美という言葉に弱いのは、子どものころにあまり褒められなかった反動かなーと思ったりもする。でも、小さなものを買ってもらったことは覚えていて、だから買ってしまうんだろうなぁ。ワタシの宝箱の中には、そんな小さなころに買ってもらった小さなものがまだいくつか残っている。


◻︎◻︎◻︎読んだ本◻︎◻︎◻︎

役たたず、 (光文社新書)

役たたず、 (光文社新書)

広告を非表示にする