読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

スカイツリーの麓で遊ぶ

昨日はハハの両親と5人で出かけた。思えば、3世代で一緒に出かけるのも数えるほど。電車は初めてかもしれない。

目的はペンギン推しのすみだ水族館

しかも、雨。なのでスカイツリーは見ず。見えず。

そして、自由なハハ両親。着いてすぐ昼ごはんを食べたら、
「じゃ、3時に水族館の前で〜」
と解散。
あ、やっぱりワタシひとりで子どもたちの相手をするのね……
やたら広くて人がたくさんいる中を、文句とワガママしか言わないムスメと、妹に振り回されながらも見たいものをじっくり見るタイプのムスコ。空いてるなら放置するけど放置もできず、行ったり来たりするハハ。
ジジババ、一緒にいなくて良かったかも。


でも、水族館で合流してからはムスメはジジババにベッタリ♡ ワガママも言わず。(正しくは、ワガママはハハにしか言わず)
ムスコはムスコでいつもならガマンして妹に付き合っているのを、付き合わずにすんでハハを振り回し楽しそう。

いつごろから一緒に出かけなくなるのかなぁ。ムスコは超のつくパパっ子だったから、生まれてから今が一番ベッタリなくらいベッタリなんだけど。

ハハはあまり親にベッタリだった記憶がない。手を繋ぐのも必ず弟を間に挟んでいたし、添い寝が苦手なハハの母は物心がつくころには別の部屋で寝ていた。そう考えると、ワタシはベッタリしすぎなのかもしれない。他の人とベタベタするのが苦手な分、自分の子どもにはベタベタひっつきたい。とくにムスコに執着するのは、完全にトラウマだ。義両親やチチに奪われるという不安感は最近ようやく薄れてきた。

ハハもそろそろ子離れの準備をしないと腑抜けになってしまいそうだと思いながら、いつ終わるかわからない子育て時期を今のうちに堪能しておきたいと思う。