たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

また少し、スッキリ。

ようやくベランダに待機していた大きなゴミを捨ててきた。
なんでかいつもゴミの日に片付けをしてしまい、もちろん当日は間に合わずしばらく寝かせることになる。まだ不燃ゴミが残っているけど、これも今週回収があるからあと少しの辛抱。それまでにせっせといらないものを探しておこう。そういえば、口だけ番長の「仕事の道具を整理する宣言」は予想通り一向に手がつけられる気配がない。まぁ、その気になっただけでも進歩だと思うよ。期待しないで待ってるよ。

少しスッキリしたベランダに、オーニングをくくりつけた。陽当たりや強風のときのことも考えて、くるくる丸めておけるようにしたり、あるもので工夫するのが楽しいと感じるのは母親に似たのかもしれない。母もなんだかいろいろ工夫していた。

ただ、この工夫ってやつがけっこう恐ろしい。ついついやり過ぎてしまう。
気づいたら工夫に必要な道具や工夫によって生きながらえた不用品が家の中に溢れかえる。役目を終えたものも、使えるかもと保管される。今になってそういうものを次々と捨てたり入れ替えたりしている。もちろん、あるもので工夫することは素晴らしいけど、大切なのは本当にそれは必要かってことだよなぁ。


最近お引越しがあったらしく、ゴミ集積所にゴミが溢れていた。粗大ゴミも何度も出していたようだし、まだ回収日じゃない不燃ゴミが山盛り。ご実家にでもお引越しなさったのか、家財道具のほとんどを処分した感じだった。
実はFacebookでチチが繋がってるので、お子さんたちは張り切って新生活を始めているようだとのこと。お母さんも心機一転、がんばっているんだろうな。ゴミ収集の方も大変だろうけど、どうぞよろしくお願いします。

わが家も次のステップのために動き始めなきゃ。