たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

ワタシに必要なもの

昨日は疲れていたのか珍しく早く寝てしまった。サッカーの日本代表の結果も今朝知った。
朝方には珍しく夢を見た。大洪水だった。家族はみな無事なのだけど、家も無事だったはずなのに何故か廃墟のようなところに隠れ住んでいた。富士山より西には行けないことになっていて、西に行く手段を探して出発する準備をしていた。大洪水は台風の雨のせいだとして、ワタシはどこに行こうとしているのだろう。


今月に入って、ムスコのことでバタバタしている。子どもたちの入っているサッカークラブにはジュニアユースがなく、進学予定の中学校にサッカー部もない。サッカー部があっても、中学校の部活動なんて顧問の先生と練習場所がなくなれば存続も危うい。顧問の先生次第で、練習もパートタイムのようだという話も聞いた。

というわけで、中学生になってもサッカーをきちんと続けたいと思ったらジュニアユースのあるクラブチームを探してセレクションを受けなければならない。近年、この辺りではサッカー人口が増えたのかセレクションなしで入部できるクラブチームはほとんどなくなってしまったそうだ。
で、ムスコが狙える辺りのクラブチームの練習会やセレクションに片っ端から申し込んでいる。ムスコと合うところに入れたらいいなぁと、中学で開花した先輩を見て思うハハである。

夏休みが明けて、ホッとしている。
たぶんワタシは人に合わせるのがストレスなのだと思う。誰かといるとついつい合わせようとしてしまうから、知らずにストレスが溜まっている。誰に対しても、子どもやチチや自分の親に対しても知らず知らずに合わせているようだ。マイペースに生きたいと思いながら、人といると自分のペースがわからなくなる。たぶんムスコも同じタイプで、ムスコと2人だとお互いに気を使いながらマイペースを保てるので比較的楽な気がする。

ところが、ムスメはダメだ。
彼女は自分の思い通りにならないと怒る。泣き叫ぶ。ひっくり返る。ワタシは子どものころから泣く人が嫌いで、鬼ごっこで鬼になっただけで泣く弟も近所のひとりっ子も嫌いだった。泣いて帰ってくれるだけマシだと思った。ハハの母によると、キャンディキャンディがオープニングで泣いてるだけで怒っていたそうだ。だから、泣いてひっくり返ったら絶対に言うことを聞かないと決めている。
チチもたぶん性格は似ているが、思い通りにならないからといって泣きはしない。怒鳴るけど。そして、ワタシには合わせてくれる。正しくは合わせようとしてくれる。でも、チチはせっかちだから結局のところワタシが合わせることになる。チチの実家は言った者勝ち、先にやった者勝ちの傾向があるから、彼は彼で苦労して育ったらしい。

ワタシに必要なのは、たまにでいいから人に振り回されない時間と、ムスメのワガママに怒りもせず振り回されもしない精神力だ。ムスメのワガママが直るのが先か、ワタシが揺るがない精神力を身につけるのが先か。ムスメのワガママに関しては、身内に不惑をとうに過ぎても言った者勝ちを行使している先輩がいるので半分諦めている。そこの娘ちゃんもなかなかの強者で、今後が楽しみだ。


◻︎◻︎◻︎読んだ本◻︎◻︎◻︎

パスタマシーンの幽霊

パスタマシーンの幽霊