たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

入れ替え→入れ替え→入れ替え

引き出しを入れるとなると、どうしても引き戸の重なり分に引っかかるから、夫婦の寝室となる部屋のクローゼットの扉を外した。

代わりに、現寝室兼子ども部屋の押入れに使っているつっぱり棒とカーテンを流用することにした。

そして、押入れの奥にしまいこんでいたボロボロの襖を貼り直した。

皺が気になるけど、ここまでは計画通り。


クローゼットに流用しようと思っていたつっぱり棒が、予定より10cmばかり長かった。

そうだ、洗面所にもつっぱり棒があるから交換しよう。

こっちにも長いわ……っつーか、このくだりたぶん前にも押入れと洗面所でやってる。学習力ないなー

でも、洗面所のつっぱり棒いらないかも。
とりあえず、乗っけてるバスタオルをずっと子どもたちの手が届くところに置きたかったのよ。
試行錯誤の末、洗面台の下にバスタオルを入れる。

あーでも、やっぱり室内干しスペースが必要。
縦がダメなら横ならどうだ
向きを変えたらつっぱり棒が入った!
室内干しスペースも確保できた。

さて、カーテンの丈がちょっと長いから縫い詰めよう。←イマココ!


実は、洗面台の下にタオルを入れる段階で台所やベランダのものも入れ替えたりしている。
単なる入れ替えじゃなく、その段階でまた不用品が出てくるから恐ろしい。



丈詰め完了。
裁縫箱が転がっている。
子ども部屋の名残りのムスコ画伯の虹色のさかなは、このまま飾ろうと思う。

あとは、手配済みで待機中の粗大ゴミを捨てれば、とりあえず今回の実行計画は完了。
エアコンの目処がついたらすのこベッドを買って、引越し完了といきたいところだけど、まだなんとなく子どもたちと離れて寝るのは寂しい母心。