たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

好きこそものの

雨が降ったり止んだりの中を、授業参観に繰り出した。学校が近いって、いいなぁ。

最近の小学校は学校公開という名の授業参観が毎学期催され、しかも2日間何時間目に来ても帰ってもOK。それでも兄弟3人在学中とかいう人は忙しそうだけど、2日もあればいろいろ見て回れてなかなか楽しい。

なのに、
なぜ、
歯を食いしばり、
いや、食いしばってはいないけど、
何の因果で2時間続けて縄跳びを見ることになるのか。
でも、2人ともちゃんと長縄が跳べるようになってた。
キャラに似合わずビビりのムスメも、
リズム感のまったくないムスコも、
思わぬ成長と、奇跡の瞬間を見られた。


今日はムスコの図工も見た。
なんだかとっても楽しんでいた。

出来はグズグズだけども。すでに破れてるし。


ムスメもそうだけど、大人から見るとグズグズの出来でも、本人は楽しんでそれなりに満足していて、ムスメなんかはお友達から褒められたりしている。お友達の目からはどう見えているのかな。興味深い。



1階で立ち話をしながら1年生の往来を目を細めて眺めていたら、知り合いの1年生女子が通りかかり、
「あ、ムスメちゃんママ! 髪切った?」
7歳女子の女子力高い挨拶に、思わず絶句する女子力ゼロのふわく。
「切って……る(かな?)」
というふわくのふわふわした返答に、
「切ってる?(くすくす)」
とすかさずツッコミ。完全に敗北。
7歳女子、恐るべし。
でもでもだって、だいぶ長いことショートだから切ったばかりじゃないと返答に困るのよ。たまに「むしろ伸びたかな」ってときに「切った?」って聞かれたりするし。と、帰宅してから悶々とひとり言い訳する残念なふわくであった。正解は「切った」だよね、うん。

ハハのコンプレックスのひとつは、会話下手である。

広告を非表示にする