たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

エプロンは使わない

世間では昨日からシルバーウィークだったらしいが、学校だったので実感のないままに連休が始まった。先生方も授業日数の確保に頭を悩ませているようだ。1学期の保護者会での年間行事の説明でも、その苦心の様子が伺われた。ご苦労さまです。


連休といえば試合、ということでさっそく昨日もムスメの学年は試合だったのだけど、よりによって選手の多い2校が登校日。それでも人数がいたから決勝まで進んでくれ、見事準優勝だったそうだ。ムスメはその決勝後半途中から滑り込み参戦。っつーことは負け試合じゃないの。
まぁ、出してもらえて良かったね。
みんなががんばってくれたおかげだね。


そして今日はムスコの試合。
朝から家族全員分のおにぎりを握った。
けっきょく、平日も休日も毎日のようにお弁当をこしらえている。来年からは平日のお弁当が1個増え、2年後にはもう1個増え、いっそワタシもお弁当にすべきなんじゃないかと思うけど、実際はもっと質素なお昼ごはんで済ますのだろう。

料理は嫌いじゃないけどそれほど好きでもない。独身のころは作るくらいなら食べないと思っていたくらいだ。今だってたまには出来合いでと思ったりもするけど、それは経済的に許さない。外食もお財布と相談の末、ムスコとチチにはあらかじめ腹に詰めモノをしていかなくてはならない。今日もチチは、ムスメと早めに自転車で試合会場に向かい、優雅に朝マックすると言いながら朝ごはんを食べていた。オマエらは朝ごはんを何回食べる気だ。と思いながら、ムスコの保冷バッグにおにぎり3個と菓子パンとゼリー飲料とパックジュースを詰め込む。1日分じゃない。1食分だ。小学生でこれだけ食べていたら、高校生になるころにはどれだけ食べるのだろう。


思わず近い将来を悲観して脱線したが、ワタシは家でエプロンを使わない。愛読しているブログさまでそんな話をなさっていたので、ワタシも便乗した。
でも、止むに止まれずエプロンを2組持っている。

普段はまったく使わないエプロン。
でも、家庭科の授業で使いますよ。
とくにわが家はワタシが家庭科ボランティアに参加しているので、必ず2組必要。まだ4年生のムスメは家庭科の授業がないけど、3年生の豆腐作りでも活躍した。ムスメの授業のときはムスコのを、ムスコの授業のときはムスメのをワタシが使う。だから両方とも大人用だし、三角巾は手ぬぐいにした。

これでじゅうぶんなはずだったのに、夏休みのクレープ作りでは足りなくなってしまった。
参加者が2人、お手伝いが1人。どう計算しても1人分足りない。
仕方がないので、先に終わったムスメにムスコと交代してもらって乗り切った。まぁ、それも今回限り。来年、ムスコが何かの気の迷いでお手伝いに参加でもしなければ大丈夫。あとは、中学校と小学校の家庭科の授業が偶然同じ日に重なるとか。そうなったら、タオルでも下げるか(笑)


今学期の家庭科ボランティアではエプロンは使わない。
だって、お裁縫だから。
自他ともに認めるほど家庭的でなかったワタシが家庭科ボランティアをやってるなんて、なんか意外だと笑われそうだな。過去の自分に。