たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

家計について考える

予報通り雨が上がったから、昨日片づけられなかった外回りの用事を済ませてきた。

キルト芯みたいだ。
布団の打ち直しかもしれない。



毎年この時期になると手帳や家計簿を買おうかと本屋さんや文房具屋さんでしばし悩むんだけど、けっきょく買わずに帰った。
スケジュールはiPhoneアプリと壁掛けカレンダーで管理しているし、日記はリングメモに書いている。

最近は大量にもらった付箋も活用。
メールで来る試合の詳細を付箋に書いてカレンダーに貼っている。終わったら、剥がしてリングメモの裏に貼る。iPhoneのスケジュールでも確認できるけど、記録として残せる。


家計簿もiPhoneアプリで記録しているけど、月毎のザッとした合計金額を見渡したいと思って本屋さんの家計簿コーナーを物色した。でも、やっぱりそんな都合のいいものはなくて、どうする? エクセル自作でいいんじゃない? という結論に至った。今度やってみようと思う。


最近はお店に行っても買わずに帰ることが増えた。欲しいものも寝かせて寝かせて、どうしても必要なら買う。
今までだってそうしていたつもりだったけど、まだまだ甘かった。失敗に失敗を重ねて、また少しレベルアップした感じ。


これから子どもたちにどんどんお金がかかるようになるし、その前にお金をなるべくかけずにコンパクトに暮らしていけるようにシフトしてゆくのは必要なステップかもしれない。
削れるとこ、
削れないとこ、
空間も、
お金も、
エネルギーも、
よく見極めていかなくちゃ。


わが家は、すでによそさまよりコンパクトな家計で暮らしていると思う。外食もあまりしないし、出来合いのお惣菜もほとんど買わない。
子どもたちがサッカーをしているから、よく食べるし補食代がかかる。合宿やなんかの出費も馬鹿にならない。
でもその分、レジャー費は少ない。
家族の髪はワタシが切っている。誰かのお下がりとユニフォームばかり着てるから、洋服代もあまりかからない。
家電もそう多くないし、平日の昼間はテレビもつけないから、他には真夏の扇風機と真冬のホットカーペットくらい。
ケータイの充電はよそより多いかもしれない。
洗濯機と掃除機はフル稼動。これも仕方ない。
主婦雑誌の節約特集にいつもでているようなことはあたりまえにやっている。ハンバーグにはしっかりと豆腐が入ってる。
お風呂の残り湯は洗濯とベランダの水遣りに使う。

ワタシ自身も、お金のかかる趣味があるわけでもなく、美容関係も低コスト。
人付き合いも多くない。

さて、どこを削ったらよいものやら。

とりあえず体質改善でもして、アレルギー症状の軽減とダイエットとおやつ代とティッシュ代の節約を目論んでいる。