たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

いっこ

1日に1個、自分に許そうと思う。

自分を許すんじゃなくて、自分に許す。何かを。

好きなことをする、とか。
好きなものを食べる、とか。
スゴく気に入ったものを買う、とか。
1日1個でも1年で365回、自分のために特別なことをする。
それはスゴいことじゃなくても良くて、自分以外の誰のためでもなくて、自分のための1個。



お母さんって職業は、どうしても子どもや家族のために何かをすることが多い。それはお父さんも変わらないと思うけど、お母さんの役割のほうがもっと直接的だ。役割、と限定したのは、お父さんがその役割を果たしている、または分業しているご家庭もあるのを知ってるから。だから、お父さんも1日に1個でも自分のために何かを許したらいいと思う。チチには、在宅時のテレビの優先権と、ゴロゴロしていても叱らないという特権を用意している。



自分のための特別な何か。

今日は何にしようかなと考えるのも、これをやりたいからがんばろうと思うのも、なんだかモチベーションが上がりそう。

本日の1個
コンビニもどきで買ったデザート。
ハロウィンでカボチャが並ぶ中、便乗でカボチャのイラストが入ってたけどカボチャ関係ないし。


バイトの面接に行ってきた。
面接というか、働く前提でバリバリ書類書いてシフト書かされて……なんか、覚えがあるわ、この感じ。
そして、呪文のように
「短期だから」
とか、
「次はやらない」
とか自分に言いながら、
けっきょくズルズルと続けてしまいそうな予感がしないでもないこの感じ。


家事のルーティンを組み直さなきゃなりませぬ。

とりあえず、2ヶ月間だけがんばります。

……すでに泣きそう。

広告を非表示にする