たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

2016年、何を着る?

アパレル業界デビュー(?)を果たし、アパレル業界への居残りを決意した2015年。
着るものは把握できるくらいあればいいという気持ちは変わらず、ならばむしろ仕事で着られるものを普段着として着るべきではないかと、今までとは逆転の発想にたどり着きつつある。そして、最初に制服として選んだ服はやはり用済みでいいのではないかという結論に達しようとしている。簡単にいうと、ピタピタのパンツと襟や胸ポケットのあるシャツはやっぱりワタシの柄じゃない。フランネルシャツが無駄にミリタリーっぽく見えるのは何故だろう。せめて違う色を選べばよかったのにと、当時の自分を呪うばかりだ。でも、そもそもが好きじゃない形の服から選ばなければならなかったのだから、好きじゃない理由がはっきりしたとも言える。

契約延長を決めるまでは、新たに仕事用の服を買い足すことに躊躇し迷走していた。躊躇が消え始めたのは、オムレツ色のVネックニットを買ってからだと思う。首の後ろのシミが落ちないのが見るたび不愉快な気持ちになるが、この休みにちょっと目隠し刺繍なぞしてみようか。意図せずお揃いのニットを着ていて、「朝からちょっとテンション上がった〜♡」と可愛くリアクションしてくれたお嬢さんが気づいてくれたら嬉しい。



お化粧なんかもちょっとだけ、ほんのちょこっとだけ意識するようになった。今までは、どうせ汗で落ちるのだからと思っていたけど、でもまぁ眉毛くらいは帰るまでもったほうがいいんじゃないかとか、相変わらずめんどくさくはあるのだけど、お粉などはたいてみたりしている。今日は色つきのリップを買ってみた。
肌が弱いしアレルギー体質だからガッツリはメイクしないけど、朝からきちんとメイクしている方々を心から尊敬している。アパレル業界は、ガッツリメイク主流だ。マダムはキレイだし、マドモアゼルは可愛らしい。そうなりたいともそうあるべきだとも思わないけれど、自分なりに引け目を感じない程度ではありたい。



昔から流行りにガッツリ呑まれたりすることがなかった。母の教えは、人と同じでは面白くない。その教えは根強く残っており、ステキなインテリアやファッションを見ても「真似はできない」と思ってしまう。
でもね、真似ぶって大事なんだよ。
母みたいにオリジナリティ溢れて自己流を先導してゆく人ならいざ知れず、その子どもはすでに母の自己流の洗礼を受けてしまっている。人の真似はダメだと思ってる時点でオリジナルではないのかもしれない。

それでもたぶん、ワタシは比較的個性的なほうだったと思う。迷走してはいるけれど、そのときどきで自分なりに選んでいる。周りに流されないファッション。ファッションというのはおこがましいから、服装。服装を選ばない仕事だったから、会社のおじさま方にもよくいじられていた。

当時は20代。今は40代。
とはいえ、母の教えはもうひとつあり、けして、実年齢を悟られるなと言われている。とくに美容師さんに悟られてはいけない。実年齢&子持ちのオバさんの髪型にされてしまう、と。だから母は、お隣りの美容室には絶対に行かなかった。いわゆるパーマ屋さんにも絶対に行かない。白髪染めも赤とか紫とか絶対に入れない。そもそも白髪よりも薄毛の心配をしている。話が脱線したが、実年齢のファッションがどんなものかは知らないが、ワタシは40歳だと悟られるような服装や言動をしてはいけないのだ。

と、ここでまた足を留める。

40代のファッションて何?
今どきのママたちはオシャレだ。
ナチュラル系、ギャル系、キレイめ系。スポーティ系やアウトドア系なら年齢も問わないし、キレイに齢を重ねれば年齢はさらなる魅力に変わる。30代から40代はそのスタートラインのような気がする。
インテリアやシンプルライフに関しても、結婚前から知っていれば……と悔やむことばかりだけれど、時間は戻らないのだから今できることをやるしかない。



メンズライク、ボーイッシュ、マニッシュ……調べていたらいろんな言葉が出てきてしまった。
骨格やパーソナルカラー、身長やら年齢やらキャラクターに加えて、アパレルあるあるのブランド縛り。まるで職場の女の子をいやらしい目で見るオッさんのように、新商品を物色している。とりあえず狙ってるのはボーイフレンドデニムとケーブルニットかスウェットプルオーバーなんだけど、まだまだ決め手に欠けていて参考になりそうなファッションスナップを物色している。


もう、ショップは春ですよ、奥さん。
店員さんは、ニットの下はエ◯リズムだそうですよ。
あのビル、暑いんだよね〜。


□□□読みたい本□□□

菊池亜希子 おしゃれのはなし。 ずっと変わらず好きなもの (キャンキャンオッジムック)

菊池亜希子 おしゃれのはなし。 ずっと変わらず好きなもの (キャンキャンオッジムック)

菊池亜希子さん好きだけど、まだ30代前半よね。
ここまで冒険できないと思いつつ、こういうキャラはどうだろうと考える。
も少し背が欲しい。

広告を非表示にする