読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

ビフォーアフター

雪である。

いつも車通勤のチチは最寄りの電車が止まったのでバスで出勤し、学校まで5分の子どもたちは普通に登校した。ワタシは仕事がないのではなからお休み。
チチからバスが来ないと電話があったけど、無事違う駅ゆきのバスに乗り出勤した模様。臨機応変に。公共交通機関に慣れないチチにとっても、ワタシがお休みで良かったかもしれない。みなさまが無事に目的地に到着できたことを祈ります。


今週は2日しかシフトが入らなかったから、家の中の整理でもしようかなと思っていた。お仕事をするようになって、空いた時間に何もしないのはもったいないと痛切に感じるようになったのは、めんどくさがりのワタシには大きな成果。朝から、何をしようかな〜なんて考えている。



家の中はあいかわらず思いついたときにちょこちょこと整理している。
こないだは配線周りを掃除しながら整理したし、戸棚やチチが放置していた袋も片づけた。
片づけは本人にやらせるべきだと思うけど、人それぞれ気になる部分は違うから、周囲がストレスになるくらいなら、勝手に捨てない範囲での他者の介入は必要だと思うことにした。チチは見えないものはないものとなってしまうタイプだけど、ワタシは見える範囲がゴチャゴチャしていることがストレスになる。しばらく見守っていたけど片づける気配がないから、捨てない範囲で整理をした。

ムスコはもともと整理整頓好きだし、興味が偏っているから持ちものが少ない。だからあまり手を入れることはないけれど、ムスメは興味があちこちに飛び、何でも欲しがる子だからときどき持ちものがあふれて手入れが必要になる。ホントはムスメこそモノを厳選したほうが集中力が増して才能を発揮しそうな気がするんだけど、なかなか上手くいかない。


たくさんものがありすぎて、元に戻せないムスメ。
たぶん、自分が持っているものも把握できていない。定位置を決めても、なかなかそこに戻すことができない。片づける前に違うことを始めてしまう。次のやりたいことに気が行って、片づけがおざなりになる。ムスメにとって集中できる環境を作ることはモノの種類を減らすことだけど、すぐに目移りしてしまうムスメにはそれができない。ハサミひとつ、目の前のペン立てに入れることもできない。



今日は、ムスメの棚のものを減らすことにした。

本の段が絵本でいっぱいだったから、今も読む本を残して他の部屋の棚に移動。最近は図書館で借りた本とムスコの本ばかり読んでいた。


そして、下の段の隙間にあったムスメのアクセサリー入れを、

ハワイ土産でいただいたクッキーの箱をそのまま使っていたけど、

何ということでしょう!
家にあった材料で、ブラシ立てと引き出しに大変身。
引き出しの中には、もともと入っていたアクセサリー類を整理して戻した。

さて、ムスメはきちんとブラシを戻せるか。
新しくできたスペースを一時置きのものでいっぱいにするだけのような気もしないでもない。チチもそうだもんなぁ。



そういえば、ムスメも何でももらってくるけどチチもそうだ。某腹筋マシーンから、最近はマッサージ機も、借りたまま置きっぱなし。仕事道具もせっせともらってくるけど独立する気なんてない。そして、貧乏性だから捨てられない。

チチが安心して片づけられるようになったら、何かが変わりそうな気がする。もっと居心地のいい家を目指そう。

広告を非表示にする