たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

ベストな状態は変わる

シンプルな暮らしを目指している方のブログを見ていると、まだお子さんが小さいお宅が多い。小さなうちからものが少ないのがあたりまえで暮らすのはいいことだなぁと出遅れてしまったことを悔やんだりするけど、時間を巻き戻せるわけじゃないからこれから改善してゆくしかない。


そして、しみじみと暮らしは子どもの成長で変わるんだなぁと実感する。
子どもが小さいうちは、大人が家事をやりやすいように配置すればいい。だけど、今のわが家は身長140cmに満たない子どもたちが暮らしやすいように配置しなければならない。4年生になってムスメも1人で料理をするようになったし、子どもだけで留守番することも増えた。今までは子どもたちの手が届かない場所に配置していたものを、今は子どもたちが使いやすい場所に配置する。子どもの成長とともに、ベストな状態は変わるのだ。ワタシがあまり使わない電子レンジも、チチや子どもたちは使うから必要だし、トースターも家族の使いやすさを優先したら必要なもの。洗濯機や除湿機、掃除機も使わない生活なんて考えられない。炊飯器や電気ポットや空気清浄機はないけれど、PCは仕事でも使うし、自転車と携帯電話は人数分必要。人それぞれ必要なものも違うし、家庭それぞれ暮らし方は違うのだ。



ムスメの絵本を移動したけど、本人の抵抗はなかった。成長したんだなぁと感じる。
絵本はまだ移動しただけだけど、そのうち整理するつもり。同じように、子どもたちが小さいころによく見たDVDも売りにゆく予定。

そして、3ヶ月後にはムスコの制服をかける場所も作らねば。
週末には、新しいサッカーチームのユニフォーム合わせもある。

今日は配線をいじった。
モデム関係が3台もあってイヤだなぁ。なんとかならないかなぁ。と思いながら、モデムをテレビ台に移動した。
テレビ台の下がギッシリになったけど、チチが作ってくれたPC棚がプリンタとノートPCだけになった。少しは掃除しやすくなったかな。

テレビ台の格子の扉。地味に埃が入るから厚紙で塞いだ。厚紙だけだとなんだから、気に入ってしまっておいた切り抜きを貼った。点と線模様製作所のキツネ柄。チラ見せが可愛い。
天板の傷は、つかまり立ちのムスコが噛んだ跡。