たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

暮らしをさらに小さく

最近、節約系のブログに出会い、暇を見つけて読んでいる。
節約の雑誌なんかを見ても、モデルとなっているお宅はわが家より収入が多かったり食べる量が少なかったり、節約術もほとんどすでに実行しているものだったりして参考にならない。インテリア雑誌も一緒だ。ステキな戸建てだったり、リノベーションマンションだったり、お子さんが小さかったり、公営住宅2DK食べ盛りの子ども2人のわが家にはまったく参考にならないから、羨ましく思いながら虚しく雑誌を閉じる。


最近見つけたブログは参考になる部分も多く、何より前向きなのが心地よかった。まさに、もっと早く出会いたかったわ〜である。


わが家もずっとチチの収入だけで暮らしてきた。たぶん、同世代の半分くらいの年収なんじゃないかと思う。もちろん貯金なんてできるわけはなく、いただける手当は全部いただいている。結婚しても子どもが生まれてもほとんど収入は増えないまま、チチは10代のころから20年も同じ会社に勤めている。おかげさまで、今度経営が代替わりするそうだが残していただけるらしい。チチはバリバリ転職できるタイプじゃないのでありがたい。できることならもう少しお給料を上げていただければ……新社長サマ、よろしくお願いします!



数年前からぼちぼちワタシも働き始めたものの、せいぜいサッカーの合宿代を稼ぐくらい。バリバリ頑張っても中学の制服代やジュニアユースのユニフォーム代に消える。なかなか貯金は増えない。ここに来てチチの愛車も不穏なようすで、次の車検までには買い替えないと、隠蔽のプロでも車検は通せず、何より毎日出勤に使うチチの安全を考えたら猶予はない。

3年後にはムスコも高校受験。
あぁ、お金貯めなきゃ。
でも、キリキリと切り詰めたり、バリバリ働いたりは性に合わない。ワタシが働くと、何故かチチの機嫌が悪くなる。チチなりに気苦労もあるのだろう。
だから、バリバリ働かず、キリキリ切り詰めず、のらりくらりと貯金したい。それには、無駄を省いたり、消耗品の種類を減らしたり、暮らしをさらに小さくするのが一番。昭和の暮らしに戻すのは無理だけど、ワタシには苦せずできることもたくさんある。ゆるゆると楽しく暮らしを小さくして、貯金を増やすのがこれから3年の目標。

最近ハマってるのは塩パン。
甘いものよりしょっぱいものが美味しくなってきた。