読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

3日以上の献立は考えられない

ようやく昨日のズル休みの後片付けが終わった。

いや、たぶん普段ならその日のうちにでも片付くはずなのだけど、さすがに帰宅時間も遅かったし、協力者であるチチは仕事で全身筋肉痛。ワタシ自身もグッタリで、昨日はお弁当のお米と洗いものだけして寝てしまった。


それなのに、仕事は休みだもんで布団を干してシーツ類を洗って調理実習の手伝いに行って、冷蔵庫の中が空っぽだから買い出しにまで行って、ようやく昨日の後片付けまで終了した。

ふと、子どもたちのスペースを見ると、雑ながらちゃんと昨日使ったリュックサックの中身は出して定位置に片付けてある。まだまだだと思っても、やっぱりうちの子はうちの子としてやることが身についてきているのだなぁ。
ランドセルの中身は入れっぱなしだけど。



先ほど買い出しにゆき、しばし途方に暮れた。

ワタシは3日以上の献立を考えられない。
月末の給料日まで最小限の買い出しで済ませたくて、週末までの献立を考えてみたのだけど、ムスコリクエストのグラタンと、余り野菜で作る炊き込みごはんと、子どもたちが大好きなロコモコと……と考えたところで詰まる。あとはポトフかなぁ。ソーセージ買おうかな。と悩みながら、けっきょく「あとは仕事帰りでいいや」と考えることを放棄。精算して帰り道、近所の義理伯母からハムとパンをドアに吊るしておくと連絡があった。ハム買っちゃったよ〜


ちなみに、ワタシの夕飯作りの段取りは、脳内シミュレーションのあと食材を並べて、まごわやさしいがなるべく入るように、そして10品目以上になるように組み合わせる。その際に、脳内シミュレーションの献立と変わることも多々ある。
次に、最小限の鍋とフライパンでいかに効率よく回すか段取りを考える。根菜類の下茹では、お米を水につけてる間に圧力鍋でやってしまう。ごはんは最後に圧力鍋で炊く。
片手鍋で下茹でする葉物野菜やもやしは、味噌汁を作る前に茹でる。ざるもなるべく使い回すため、ざるで湯切りするときはお米を吸水させる前にやっつける。お米はザルとボウルを重ねたもので研ぎ、そのまま吸水。吸水時間が終わったらボウルの水を流す。お弁当用のお米はそのまま冷蔵庫に入れておいて、朝イチで圧力鍋で炊く。

ボウル類はケチケチしないで使う。ときにはお皿やジップロックコンテナも動員する。ザクザク切った食材を入れたり、サラダを混ぜたり。わが家はドレッシングを常備していないので、下拵えをして大きなボウルに入れた食材に直接味付けをする。胡麻ドレ風、シーザーサラダ風、和風ドレッシング風、中華ドレッシング風、塩とごま油とニンニク、醤油とオリーブオイルとお酢も美味しい。ガーッと混ぜて味見して、お弁当用に少し取り置いてから個別によそう。大皿で出すと子どもたちが野菜を食べないから、鍋ものやスパゲティ、ちらし寿司以外は個別によそうようになった。


曜日によって、献立にも制約がある。
夜にサッカーの練習があるときはバラバラに食べることを想定する。休日で1日試合のときはサッと作れるもの。基本、残ることはない。4月からはムスコのサッカーが週5日になるから、また献立の制約が厳しくなるだろう。鍋とか麺類は休日限定になるかもしれない。
翌日にお弁当があるときは、できればお弁当のおかずを取り分けたい。ちなみに、チチのお弁当は週6日だ。もう、鍋だろうとおでんだろうと入れてしまいたい。ちなみに常備菜という感覚はない。なぜなら残らないから。カレーも1箱10皿分が翌日のワタシのお昼に残れば万々歳。シチューなんて絶対残らない。常備菜を作っても、その日のうちになくなる。ひじきを1袋全部戻せば3日ぐらいはもつかなぁ。それでも、週末に試合でもあればひじきおにぎりになって消える。


今がこれで、子どもたちがもっと食べるようになったらどうなるんだろう。
ときどき、ふと我に返って恐ろしくなる。

やっぱり、ワタシの間食を減らそう。



□□□読んだ本□□□

日々ごはん〈4〉

日々ごはん〈4〉