読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

掃除用具を買い替える

今年に入ってから、ほぼ毎日トイレ掃除と玄関掃除をしている。

玄関は、無印の小さな箒とちりとりでササっと砂を集める程度。でも、毎日集めたら砂場のひとつぐらいできそうな砂の持ち込み量だ。
トイレ掃除も、ササっと拭き掃除して便座カバーを替え(いらないかなぁ〜と思いつつ、あのプラスチックのピトッとした感触が苦手)、軽くブラシで中をこする。

そのブラシがカビるのが、地味にストレス。


かといって、素手で掃除できるかと言われたら躊躇する。
だいぶ以前に、子どもたちが通う小学校に某黄色い帽子の偉い人が来て講演してくれたが、実際にやらされた子どもたちが食欲不振になった話なども聞き、ついつい「わかるわかるぅ〜」となる。心掛けは素晴らしいし、できる人はやればいいけど強制するもんじゃない。ワタシも、自分ができたとしても家族に強制はできない。そもそもワタシ自身が、子どものころからけして潔癖症ではないけど手に匂いがつくことが嫌いで、大縄跳びも油粘土も鉄棒も、たまに床に塗る牛乳みたいな匂いのワックスも、学校の生乾きの雑巾も、大大大大大嫌いだった。

使い捨てのブラシや手袋も検討してみたけど、やっぱり毎日使い捨ては貧乏性だからできない。フローリングワイパーだって、わざわざ雑巾が挟めるものを買ったくらいだ。


ワタシにできることといったら……

毎日洗えばいいのか

お風呂のブラシは使ったら洗う。
食器洗いのアクリルたわしやお風呂のスポンジも、毎日洗濯機で洗ってしまう。

トイレのブラシも毎日お風呂で洗っちゃえばいいじゃない。

トイレ掃除はお風呂に入る前にやっている。
そのままお風呂に持ち込んで洗って、干しておけばカビは生えない。トイレに置いておく必要もない。

というわけで、トイレとお風呂の中間の洗面脱衣室にある洗濯機の脇に、こんなフックが取り付けられた。ついでにお風呂のブラシや靴ブラシも買い替えた。
このフックの上には、バスマジッ◯リンとトイレマジッ◯リンもぶら下がっている。風呂水ホースも掛かっているから洗濯機脇の隙間スペースは大活躍の大混雑。でも、家族も使うからしまいこみは禁止だ。


この掃除嫌いの母ちゃんは、実はなんでも洗っちゃうおばさんなのだった。

洗っちゃおうね〜、どんどん洗っちゃおう。

ついでに、しまっちゃうおばさんでもあり、捨てちゃうおばさんでもある。