読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

ぶらり現実逃避

オデカケのコト

意気揚々と職場にゆき、シフトを確認したらワタシの出勤は明日だった。まだ出勤を押してなかったので、苦笑いしてそそくさと帰る。ボケだなぁ。

でも、自分のボケてるとこはそれほど嫌いじゃない。



昨日は体調がイマイチで、自分で安静を選んだもののイライラして仕方なかった。ずっとどこにも行ってない。年末年始も。
正しくはまったくどこにも行ってないわけじゃなくて、ママチャリングで下った先もショッピングモールだったり、電車で出かけたのは子どもたちの付き添いだったり、家族で出かけたのも近場のスーパー銭湯だったり、なんだか特別感やら自分の意思やらが物足りなかっただけ。燻ったままの体調の悪さや生理的なものも重なって、ストレスが溜まっていた。たぶん、疲れたのだ。マイナス思考の澱が少しずつ溜まって、キリキリとしていた。自分でもわかっていたから、出勤中も「明日どこかに行こうかな」と考えながら歩いていた。

で、このフライング出勤(笑)
慌てて職場を出たのが7時半。今日は仕事のついでに銀行回りをしようと思っていたけど、ATMも開いてない。

そうだ、今日行っちゃおう。

そのままひとり、電車に乗って旅に出た。

ワンパターン(笑)
だって、電車1本で行ける海だもの。
海とか山くらい環境が変わらないと、出かけた気がしない。
でも、今日の目的は江ノ島じゃないの。だって冬の島は寒いし、着いた時間が早過ぎる。

前に来たとき、江ノ電を道路から見てみたいと思った。ひとりでしかできないこと。ひとりだからできること。

江ノ島駅から長谷駅まで、ときどき寄り道しながら線路に沿って歩いてみた。
いつも電車の中から見る風景。

絵本に出てきた神社。

いつもは行かない場所。

ほっかむりの狛犬がカワイイ。

江ノ電が通るたびに静かにコーフンしていた。
極楽寺の車庫の中も見た。

すれ違いのポイント切り替えを撮ろうと思ったら、iPhoneの充電が死んだ。


あとはもう、記憶と勘で鎌倉駅まで歩いた。極楽寺駅から長谷駅までと、長谷駅から鎌倉駅までは歩いたことがあるからグーグル先生に聞かなくても大丈夫。



歩いている間、ときおり自分はこれからどうしたいのか考えた。なかなか思うようにはならない。自分でどうしたいのかわからない。

欲しいものは、思ったほどなかった。
ムスコのケータイを変えなくちゃならないからついでに家族全員ケータイを変えようかと思っているのと、チチが古いママチャリを処分してワタシ用のクロスバイクを買ったらどうかと言っている。ワタシ自身は残すママチャリで十分なのだけど、ちゃんと趣味としてやってみたら?ということみたいだ。まぁ、できればワタシも週に1度くらいは乗り回したい。でも、休みの日は休みの日でやらなきゃならないことは山積みだから難しい。どうしてもワタシは自分を優先にはできない性分なのだ。

でも、せっかくだから考えてみようかな。ちょうど、自治会でいらない自転車をまとめて処分してくれるらしいし。


しかしチチよ。
ワタシのことはいいから、いいかげん自分のものを少しは片づけてくれよ。
だいぶ整理したからしまう場所はあるのだけど、キミの捨てられないものがうちにはたくさん眠っているのだよ。もう10年以上触ってもいないのだから、売るなら売って、捨てるなら捨ててくれ。ポツポツとカビの生えたコートも穴の開いた靴も、潔く諦めてくれ。

ワタシもまた、しっくりこない服を潔く処分しよう。

自分へのお土産は、美味しそうなお菓子。
ちょっとずつ、ゆっくり楽しむ。
最近甘いものもたくさん食べられなくなってきた。


□□□読んだ本□□□

季節のしっぽ

季節のしっぽ

広告を非表示にする