読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

どんな暮らしがしたいのか

古本屋さんや図書館でぼんやりと本を眺めていた。今日はあまり本を読みたい気が起きない。たぶん、体調のせいだと思う。

今日寄った図書館は小さな図書館だったから、本の量も並べ方もちょっと違う。
たまたま「お金持ちになるなんたら」という文字が並ぶのを見て、「お金持ちになりたいわけじゃないんだなぁ」と思った。


家を建てたいとか、贅沢をしたいとか、そういう気持ちはない。
ただ、お金がないからやりたいことを諦めるような暮らしはしたくない。

車は走ればいいし、家は今のアパートでじゅうぶん。
そりゃ、理想の家はあるけれど、それは新築の家ではない。実はワタシの理想の家は、ワタシが生まれたころのモダンな造りの家。もしくは、小さくて風通しのいい平屋の古い家。そんな家はたぶん運命の巡り合わせでもないと出会うことはない。


海外を飛び回りたいわけでもなく、むしろ自転車で行ける範囲を拡げたいとすら思う。やっぱりクロスバイクを買おう。

ステキなお店を紹介するお散歩エッセイを見て、でもワタシがしたい旅はこういうのじゃないと感じた。
ステキなお店でステキなものを見ても、たぶんわが家にはいらないからお迎えすることはない。グルメでもないから、1人でカフェランチとかもせず、公園でパンをかじっている。

たまの贅沢はラーメンでいい。焼肉は胃がもたれる。


素晴らしい便利グッズもいらない。
おしゃれなインテリアや、一生モノもいらない。

映画も見ない。テレビも録画してまで見ない。本も買わない。
洋服すらも、最近は仕事で着られない服はいらないと感じている。アウターやカバンや靴はメーカー指定はないけど、今はお気に入りのものを最小限持っているからいらない。


とくにこだわりもない。
無農薬だとかオーガニックだとか、化学調味料や添加物だとか、あんまり気にしない。味の違いもわからないし、安くて美味いがシンプルに美味いと思う。
毎日ごはんが美味しくて、早寝早起きができて、調子が悪かったら無理をしない。
腹八分目。好きなものを食べて、たまに身体を動かして、自己嫌悪に陥るほど太らないようにする。


背筋はシャンと。いつも柔らかい笑顔で。人の悪口は言わず、誰かの所為にもせず。無理に好かれようとしたり、疲れるほど人に合わせたりせず。
ゆるゆると、声を荒げず。家族みんな、くだらないことでケラケラ笑う。

ホントは、ずっとボーッと暮らせたらいいなと思う。なかなか難しいけれど。


お金を貯めたい目的は、子どもたちの進学のため。
やりたいことをお金がないからと諦めさせたくない。
ガチガチに節約もしたくないし、バリバリと働くのも難しい。ほどほどに慎ましくがんばりたい。




ミニマリストだとか、シンプルライフだとか、丁寧な暮らしだとか、そんなかっこいい名前やポリシーがなくても、慎ましく、自分らしく、でいいのかな。

人さまの暮らしは、参考にはなっても真似はできない。だから、自分で取捨選択して模索するしかないのだ。

だからなのか、最近は完成された暮らしよりも試行錯誤中の暮らしのほうが面白く、共感できる。

たぶんもう、憧れの時期は過ぎたのだ。
あとは、自分で模索するしかない。