読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

伝わらない気持ち

人にあれこれを伝えるのは難しい。


もう、よその人にはすっかりその気をなくしてしまって、目の前の人にはとりあえずニコニコし、相槌を打つか他愛のない話をするか、どうしても伝えなきゃならないことだけを言葉足らずに簡潔に言うかくらいのことしかしない。

実家の母と話していても、なんだか話がすれ違っていて、お互いに自分が話したいことだけ話している。アレだ、違うジャンルのオタクが同じような方向性のぜんぜん違う話で盛り上がるみたいな感じ。似て非なる内容なのにあたかも共通の話題のように会話しているけど、結局のところ自分の好きなジャンルの話しかしてないヤツ。確か、20年前にも第三者から指摘された。


あとはこうやって、誰が読んでくれているかもわからないところに、相槌もいらないよという気持ちでそっと置き去りにする。王様の耳はロバの耳。別に内緒にすることでもないけれど、たまに虚しくなって全部消してしまったり、なかったことにしたくなることはある。ワタシはヘコむと全部捨てたくなるらしい。


片づけをする前から言われていたことだけど、どうもワタシの指摘は細かいらしい。息が詰まると言われた。
こちらからすれば、指摘されるのが嫌なら指摘される前にやれよと思うのだけど、何度言ってもやらないことはやらない。それがポリシーとかならどうにか対処できないか模索するのだけど、ただのものぐさでしかもこちらはできる限りのフォローをしているのにテキトーなことをした挙句、こちらのせいにされるのは大人げないと言われながらも勘弁できなかった。立ち合い開始のベルが鳴り響き、心身ともに寝技に入るくらいムカついた。

その日の占いに、「感情の起伏が激しくて、感情に身を任すといろいろぶち壊す」的なことが書いてあって、読みながら泣いた。

人に気持ちを伝えるのは難しい。

言葉にしても上手く伝わらなくて感情的になって、ぶち壊す。そういうのも片づけたら上手くいくようになるのかと思っていた。
だいぶ片づいてきたけど、まだまだだ。
ようやく人並みになったぐらいかもしれない。
もっともっと研ぎ澄ましたら、本当に自分がやりたいことは何か、伝えたい気持ちは何か、見えてくるのかもしれない。
まだ、見えていないもんな。


「あぁ、もう全部捨ててやる!」と思ったときに、やっぱり電車や自転車に乗って自分の足でどこかに行くことと、自分の目で見た景色や瞬間を切り取ることと、自分の頭で考えたことをまとめることは好きらしいと気づいたから、感情的になって全部消してやろうと思った録画したものの見られずにいたブラタモリを少しずつ見ている。

広告を非表示にする