たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

1日2食にしてみた

どうしてこれほどまで違うんだろう。

朝から元和室でのトレーニングが繰り広げられている。

リズム感のないムスコ。
ムスコができないことをアッサリやるムスメ。
でも、ムスメはパワーがない。
やればできるのにやらない。

先週の試合。
ムスメの脚が速くなってた。
とくに何もやってないのになー。
たぶん、運動神経のいい子は普段の動き方から違う。跳ねるように動く。いいことばかりじゃなくて、落ち着きがなく後ろを振り返らないから、通ったあとにいろんなものが投げ捨てられているけど(ときには、後ろを歩く友達を置き去りにしていたりするけど)、とにかく思考も行動も軽やかだ。振り回される周りは大変だ。


一方、運動神経の鈍い子は人の行動を見てから動く。だから失敗も少ないし、大きなケガも少ない。ただ、うかうかしてると置き去りにされる。歩みがゆっくりでもキチンと習得していれば道はあるだろうけど、もたもたしてると追いつけなくなって諦めてしまう。遅れたことに焦ってテキトーにやってしまうこともある。だから、もう少し頭を使って予測したり継続したり早めに動き出したりすればいいのになーと、運動神経がよくないほうのハハは思う。ハハは運動神経も頭も良くないけど、ムスコは頭はいいと思うんだよね。買いかぶりすぎか?



そんな親バカ極まりないハハは、今週に入って1日2食生活を始めた。
お昼のことを考えるのがめんどくさいし、自分ひとりの食事ってついつい自分を甘やかしてしまう。インスタント系を食べることは減ったけど、菓子パンを食べたり残りものをペロッと2人前食べたり、ご褒美とか理由をつけてパン屋さんに寄って1個でいいのに3個も食べちゃったり。

で、意を決して食べないでみたら、意外と体調が良かった。

越えられなかった体重の壁も、3日で越えた。念願の40kg台!


今は肌荒れが酷いし精神的にも不安定なままだけど、毒出しをしている感覚はある。まだたまに食べてしまうお菓子も、食べないほうが精神的に安定している気がする。もうオバフォーだしね、若いころのようにはいかないよね。オバフォーはオバフォーの健康的な生活を維持していかないとね。それは諦めるとかではなくて、年齢を受け入れてメンテナンスをして、末永くベストの状態を保つことだと思うの。自分の身体だけは、それこそ一生モノなんだから。


というわけで、肌断食に続いて1日2食生活始めました。
まだ過渡期ですが、お金も手間もかからないし、お金を使うことに罪悪感を感じるワタシには向いている気がします。
むしろ、今まで食べ過ぎだったんだなぁと反省。家族の食事の心配をしなくていいお昼を抜くのも、継続するコツかもしれません。しょっちゅうお友達とランチに行ってるコミュニケーション能力に長けた方は別だけど、ワタシはコミュニケーション能力も低いし、たまのランチはOKくらいの軽い気持ちで続けてみようと思います。