たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

恥ずかしいと思うなら改めよう

今日は朝から精力的に動いている。

アレルギーが酷いから休み休みだけど、よいしょと気合い入れて動く。
あれだ、試験前に片づけたくなるあれ。
いや、旅行前夜に掃除とかしちゃうあれ。
とくにわが家の場合、家族のいない家にチチを残すことが多いため、なるべく仕事を残さないようにする。言い訳のできない状態で汚点を見られるのが嫌なのかもしれない。

下駄箱を掃除したついでに、泥のついていた長靴を洗った。
昨日、下駄箱の棚板増設をしたときに写真を撮ろうと思ったけど、長靴が汚くてやめた。今朝、改造した下駄箱を見て少し気分が上がった。問題は長靴だけなんだから、洗って干してしまおう。それくらい、今回の棚板増設は最小限の材料でしっくりできた。


問題点がわかっているなら、そこを改めればいい。
難しいこともあるけれど、妥協点を見つけることもできる。見方を変えることで、短所が長所に変わることもある。
できないことをできないと諦めるのではなくて、今はできないと割り切ってもいいと思う。いきなり完璧を目指さないで、少しずつ理想ににじり寄ってもいい。とにかく、自分が恥ずかしいと思う部分を改善していったり、自分の好きな部分を伸ばしたり、それは自分にしかできないのだからできることからやってみるしかない。


だらしがない自分を恥ずかしいと嘆いてる暇があったら、その恥ずかしい部分を改善する努力をせよ。と、自分に言い聞かせて長靴を洗った。
そういうこと。

家が散らかってて恥ずかしいなら片づければいいし、見た目に自信がないなら自分に合ったダイエットや美容を模索してみればいい。健康に不安を感じるなら治療したり生活改善したり、世の中には多種多様な情報が溢れかえっている。ブログを書き続ける人が何かしら成功しているように見えるのは、公表することで恥ずかしい部分を改善したり肯定したりしているからじゃないかと思った。



さて、続きをやろう。
家の中のことも自分のことも、まるごと好きになるために。

恥ずかしいとか見たくない部分を減らしてゆけば、いつか理想が見えてくる。



□□□読んだ本□□□

電気代500円。贅沢な毎日

電気代500円。贅沢な毎日

この暮らしはできないなぁと思うけど、ゴミは減らしてみようかと思った。拳1つ分は無理だけどさ。