読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

そんな出会いの陰で

「夕方5時までは自由時間」と言いながら、けっきょく何かしらの用事をやっている。

ムスコのサッカーの振り込みとか。
ムスコのスマホの申し込みとか。

子どもたちの古い教科書をふん縛ったり、
大量に持ち帰ったプリントやお便りを仕分けたり。


どうにか片づいたからよしとしよう。

そういえば、昨日は自分の見たいものをふらふらと見ていたのだけど、こないだ一目惚れして「これは危険だ!」と冷却期間を置いたワタシ好みの彼が売れてしまっていた。

ウォンバットさんたち パスポーチ デビルさん

ウォンバットさんたち パスポーチ デビルさん

この人。尻尾のモフモフがヤバい。
本気で迷って、家に帰ってからもネットで検索したりしてしまったけど、いざ店頭にいなくなるとまた冷静になり、「ワタシは40歳」と唱える。そう、中年。可愛いけど、ぬいぐるみはダメ。


とにかくワタシはこの手のものに弱いので、ときどきこうやって冷静になる呪文を唱えねばなるまい。



□□□読んだ本□□□

コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (講談社文庫)

コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (講談社文庫)