読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

やっぱりね

ムスコが最近あまりにも荒れているので、チチがその原因を聞き出した。

責めてみたり、なだめたり、脅したり、

けっきょく、泣きながらムスコが話したのは、ずっとずっと何人もの仲間にストーカー呼ばわりされていたということ。
それでも、チチの「友達はいないのか」という言葉に、ストーカーと言われながら必死について回っていたこと。
それで、もう1年以上もストーカー呼ばわりされていること。

バカじゃないのと泣いた。



ワタシだったら、自分のことをストーカーなんて言う人と一緒になんていない。親が何と言おうとも。そもそも群れるのが好きじゃない。擦り寄るのも好きじゃない。まぁ、うちの親は仲間を作りなさいなんて言わないけど。
チチはぶん殴ると言った。でも、ムスコにはできない。
逃げることもぶん殴ることもできなかったムスコ。中学入学を前に吐き出して良かったね。

実はカアチャン、卒団式の日にムスコと2人で帰ったときに、大人げないとは思いながらムスコに「あいつら全員大嫌い」と宣言していた。ムスコが仲間ハズレにされてるのは気づいていた。ムスコだけじゃない、レギュラーの子たちがレギュラーじゃない子をバカにしているのが嫌だった。ムスコには見返してやれとハッパをかけていたけれど、誰1人J下部に入れるレベルの子もいないのに、そんな中で優越感に浸って仲間を虐める子も、そんなふうに育てた親も大嫌いだと思っていた。だから、最近の荒んで酷いことばかり言うムスコも、そんなふうに育てた自分やチチも嫌いだった。


これで少しは自分を好きになれるだろうか。
これで堂々と言える。

あー、せいせいした!

広告を非表示にする