読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

お母さんの趣味のはなし

いつも楽しく読ませていただき勝手に共感したりしているブログさまで、保護者会やら懇親会の自己紹介でお母さんの趣味を聞く意味の話があったけど、あれは当たり障りのないネタで、しかも「ワタシもそれ好きなんですよー」なんて話のきっかけ作りの配慮なんじゃないかと今さら気づいたハハですこんばんは。

あとね、うっかり「ハンドメイド好きです」とか言うと、記念品作りや家庭科ボランティアやらに駆り出されます。


かくいうワタシも昔から何かにどっぷりハマるタイプではなく、しかも好きなものも一般的なジャンルではなかったので共感を得ることは少なく、あまり自己紹介の場で発表することでもないので、最近は「家の中をガンガン片づけることです」とか「ママチャリでママチャリレベルじゃないような距離を出かけることです」とか、趣味なんだか家事の一端なんだかわからないようなことを趣味として公表してお茶を濁しています。たまに、仲間もいます。



子育て時代の趣味と言えば、編みものはだいぶやりました。
ハハの母は手先の器用な人で、洋裁から絵からビーズから日曜大工まで、ハンドメイドの域を越えてなんでも作る人でした。
その中で、不器用なワタシができたのは編みものくらいで、母に教わるわけでもなく独学で編み倒しました。子どもたちが小さいときは立ったまま、ときには宿題を見ながら、病院で、実家で、寝静まったあと、材料が続く限り編みました。ときにはほどいて編みました。

でも、最近はぜんぜん編んでない。
だって、編んだって使う人がいないし、ワタシ自身が自分で作ったものを身につけるのがあまり好きではないことに気づいてしまったのです。ちょっとワンポイントとか、リメイクくらいならいいんだけど。

あとは、仕事の休憩時間にサクッと編んだコレ。アクリルたわし。安いアクリル毛糸を1玉買って全部たわしにしちゃう。毎日替えて毎日洗ってボロボロになったらまた編む。これまた趣味というよりは家事の一端ですが、編むのはやっぱり好きみたいです。



さてと、仕事がないから布団干したり大物洗ったりしたかったけど、生憎のお天気なんでおとなしく総会に出席してきます。
総会が終わったら、晴れて棟長さんです。てへぺろ

本日は、趣向を変えてお送りしました。


□□□読んだ本□□□

整える、調(ととの)える。料理、掃除・片づけも少しずつ

整える、調(ととの)える。料理、掃除・片づけも少しずつ