たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

ポジティブ思考

朝から、ユーウツをプラスに変換しようと頭を働かせている。

嫌だと思うと、もっと嫌になる。
というのがワタシの持論で、不味いと思って食べれば美味しいものでも不味く感じる。脳みそが勝手にマイナスポイントを検索しちゃうんじゃないかと思っている。逆に、誰か信頼してる人(テレビでも可)に美味しいと言われると、嫌いなものでも「もしかしたら……」とか思って脳みそが勝手にプラスポイントを検索するんじゃなかろうか。まぁでも、確かにムスコの中学の給食弁当は先生も言葉を濁すくらい不味いらしい。不味いものは不味い。でも、ご家庭の都合もあるだろうから、どうしても給食弁当を食べなきゃならないなら、「不味いだろう。やだなぁ」と思いながら食べるよりは、「本日のネタ探し」くらいの気持ちで食べたい。中学のころのワタシに、そんなスキルはなかったけど。

でも、母自作弁当にだっていろいろ伝説はあったよ。
実家の母がよくやった「べちょべちょ天丼」は中学生が胃もたれ起こすほどギトギトだったし、友達は2段式のお弁当箱の上を開けたら肉まんがみっしり、下を開けたら白いごはんだったそうな。
あと、夫婦喧嘩した翌日におかずの段にのりたまだけ入れたってにっこり笑った可愛いママもいらしたな。



ようするに、そんな感じで毎日なんとかしてプラス思考に変換して暮らしてるハハに向かって、ムスコが「ポジティブだね」とちょっとバカにしたように言ったのだよ。ポジティブなほうがいいだろ。他人や世間のせいにして言い訳してたって何もいいことないもん。


ちなみに、わが家は全員、根がネガティブだと思う。ムスメとか、引くぐらい自信満々な態度のくせに言い訳ばっかり。もったいないなぁー、足も速いし要領もいいのに。今朝も、「アウトコースだから100m走は勝てないかも」とか言ってるから、なら練習すればいいのにと言ったらそれは嫌なんだそうだ。やればやるだけ上達するタイプなんだから走れよ。ムスコなんて、すぐに努力が報われず、人の数倍努力してようやく人並だぞ。努力しないで学年2位なんだから、努力したら何になるんだよ。楽しみだよ。努力しろよ。

熱しやすく冷めやすいムスメは、ちょっと前に粘土にハマっていた。
今はまたアイロンビーズを引っ張り出してきて、朝からアイロンを当てさせられてる。

さて、サブの仕事に行かなきゃな。
腰が重いな。

広告を非表示にする