たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

秋ものを買う

今日は、初めて自分の職場にチチとムスメを連れていった。
休みの日に職場にゆくと、申し訳ない気持ちになるのは何故だろう。それでも、社販でチチのポロシャツと自分のシャツを買った。



アパレル関係の職場ではよくあることかと思うけど、いちおう店頭では自社の服を着なければならない。しかも、店頭にあるもの。
これまたアパレルあるあるで、夏真っ盛りのこの時期は、店頭ではすでに秋ものが並んでいる。だから、そろそろ秋ものを着なくちゃならないのだ。

そして、定番というのはあるけれど、多少のマイナーチェンジもあり、多少ならまだ型落ちでも誤魔化しが利くけれど、まったく違うカラーバリエーションだったりするとお手上げなのである。

言ってしまえば、秋に着るものがない。買わなきゃならない。

f:id:kiccasan:20160811231601j:plain

ネルシャツを買った。しかも、メンズ。

ウィメンズはこの秋に流行りのテラコッタとか赤系のチェックばかりで、かわいいけどピンと来なかった。
休み前に久しぶりにメンズフロアの掃除をしていて、定番のチェックを見つけた。これだわ~
似たような柄でコットンのシャツもあったけど、扱いの楽さではネルに軍配が上がる。しかも、冬でもニットいらずの職場では、ネルシャツは長い期間着られる。さらに、回転の早いウィメンズと比べて、メンズのほうがさらに息が長そうな気がする。あわよくば、定番のチェックなら来年も似たようなのが出るかもしれないし。



アパレルあるある。
でも、考えようによっては、季節ごとに何組か新しく揃えてそれを着回して着倒せば、元は取れるしミニマルに暮らせそうな気がする。
断捨離のやましたひでこさんが季節ごとに服を全部買い替えると書いていらして、そのときは「セレブだな」と思っていたけど、最小限買い揃えて季節ごとに着倒すならば、着ない服を持ち続けるよりもクリーニング代などの維持費もかからないし場所も取らないし、おしゃれもできて自己肯定感も高まりそうだし、メリットは意外とあるかもしれないなと思った。

とはいえ、お手頃価格の職場でさらに社割も使えるのはホントにありがたい。

広告を非表示にする