読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

飾るところがないから

イエのコト

今日は押し入れの枕棚の整理をした。

天袋は踏み台がないと届かないけど、枕棚なら届く。布団の上になるので、季節用品なんかをしまっている。


季節用品といってもたいしたものはない。
雨戸がないから冬はカーテンを二重にかけるそのカーテンとか、チチの敷きパッドとか、部屋着のフリースとか。

あとは季節の飾り。
ハハの母お手製のお雛さまと五月飾りとか、ハハがちまちまと12年かけて集めた干支の置物とか、クリスマスやハロウィンの飾りとか。少しずつ集め、少しずつ減らし、引き出しをバラした箱1つにまとめていた。


ちょっと前に、居間で飾り棚にしていた棚を移動してチチの棚にした。
おかげさまで、居間に飾り棚がない。居間では吊すものしか飾れなくなってしまった。
あと、飾るスペースといえば下駄箱の上くらい。吊せないお雛さまはそこに飾ることにして、今まで玄関に飾っていた自分で買った小さなお雛さまを処分することにした。
他の飾りも、その基準で選んだら少し減らせた。

f:id:kiccasan:20160828183621j:plain

飾らない、と決めたら、可愛いものを買うことがなくなった。
それでも、気に入ったものは日常的に持ち歩いたり飾ったりしているし、その基準が厳しくなっていっただけで可愛いものを持つこと自体を諦めたわけじゃない。
そして、いわゆるキャラクターグッズはワタシの選考基準から外れた。今あるのは、ハロウィンに飾るナイトメアビフォアクリスマスのゼロくらい。これはもう大好きだし、公開当時に映画館で買った思い出の品でもある。

他にも、ミニオンやもぐらのクルテクも大好きだけど、キャラクターものはハマるときりがないことは身をもって知っているから手を出さないことにした。

でも、着信音だけは未練がましくミニオンにしている。可愛い。



□□□読んだ本□□□

新装版 夜中の薔薇 (講談社文庫)

新装版 夜中の薔薇 (講談社文庫)