読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

デトックス週間/3日目

イエのコト

あいにくのお天気の中、ムスコを移動教室に送り出した。

誰だ、雨男(女)は!



【天袋の中を整理する】
北側の部屋のクローゼットには天袋があるのだけど、今はアルバムや子どもたちの作品や、思い出の品なんかが入っているだけ。昔はいろいろと使わないものを詰め込んでいた。
アルバムなんかを立てておくためにカラーボックスを入れてあって、もしかしたらそれがカビているんじゃないかと思って確認してみた。大丈夫みたい。
でも、紙ものが少しとムスコのランドセルはカビていた。


【思い出を整理する】
気がつくと整理はしているのだけど、また少し整理した。
遊園地で撮った台紙付きの家族写真を台紙から外してアルバムに入れたり、カビた紙箱を処分したり。
子どもたちの作品も、放り込んであっただけの最近のものを見直してまとめたり、木工作品なんかのやばそうなのを処分した。
子どもたちの作品は、それぞれボックス1個分と決めている。


【サッカーバッグを整理する】
子どもたちのサッカーバッグが悪臭を放っているので手をつける。
とんでもない掘り出しものはなかったのでホッとしたが、ゴミがもりもり出てきた。

子どもたちは鞄の整理ができない。
ワタシは子どものころから整理魔で、いつもキレイとは言わないものの、ときどき自分で片づけていた。思えば、弟はもちろん、母の鞄の中までも片づけていた。
子どもたちの鞄から出てくるものも、母の鞄から出てくるものとあまり変わらないなぁ。隔世遺伝か。じゃあ、ワタシは誰の遺伝だ?


【お守りを収めにゆく】
ムスコのランドセルについていたお守りを、近所の神社に収めてきた。
6年間ありがとうございました。


【ムスメのお散歩につきあう】
ムスメのサッカーの練習が中止になったので、ムスメのリクエストで近所の文学館と美術館巡り。両方とも無料。

f:id:kiccasan:20160914171835j:plain

夏休みからの展示だったので、両館ともクイズラリーみたいなのをやっていた。
妖怪のほうは、景品のシールつき。

とくに妖怪のほうが、好きなイラストレーターの方が描いてたりしてよかった。芳年も好きだし。


【余ったココアを寒天にする】
ムスメしか飲まないミルクココアが残っているのだけど、最近子どもたちはココア味のジュニアプロテインを飲んでいるのでココアのほうはデザートにする。
しかし、最近寒天を立て続けに失敗している……今回は成功のよう。



さぁ、本日は念願のひとり旅!
せっせと家事も終わらせて、準備もして、あとはお天気が少しはマシならば。と起きたら土砂降りで機嫌が悪くなった。

「夕飯は食べにいこうか」なんてチチが言っていたけど、舌の根も乾かぬうちに「仕事が終わるかわからない」とか言い出して、「どうするの? ごはん作れるか、決めて」と言われムッとした。
作れるか、じゃなくて、外食しないなら作るしか選択肢はないんだよ。
最初から帰ってからごはんを作るつもりで考えて、その分早く出るために家事をやっているんだよ。
ごはんを作ること自体は自分のやるべきこととして捉えてはいるけど、一度「作らないでいいの? ラッキー♪」と思ったあとにけっきょく作らなきゃならなくなるのは、たぶんチチが思ってるよりツラい。
主婦じゃない人は、例えば疲れてたら代わりに誰かがやってくれるかもしれないけど、主婦はその日に疲れて休んだら明日の自分にできなかった分を回すだけだ。


□□□読んだ本□□□

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)