読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

ひとり高尾山

富士山が見たかったんだ。

いい天気だから、きっと見えると思った。
朝だけ出勤のときに行こうと思うと、必ずストレッチ残業が入る。働けるときは働く主義だ。お金ももちろん欲しいけど、実質たった1時間でも延長すればやれることは増える。でも最初からその時間設定をしないのは、やっぱり6時間も小走りで働いていると体がガタガタになるし、その増えた1時間のために休憩時間も1時間に延びてしまうから。1時間の休憩時間はさすがに持て余すし、なんだかお互いにちょっと損してるような気分になるから不思議。


脱線したけれど、ふらりと電車に乗ってひとりで高尾山に行った。

f:id:kiccasan:20161029075025j:plain

ケーブルカーの券売所がやたら混んでいたから、歩いて登ることにした。ひとりだとペースが早くなってしまう。

f:id:kiccasan:20161029075150j:plain

あんまり、おひとり女子はいない。そりゃそーだ。
高尾山の1号路は舗装されているから靴を選ばない。でも、勾配はけっこうキツい。ところどころにベンチもあるが、前日の雨で濡れている。ペースが早いから、どんどん前の人を抜いてゆく。途中でキツくなって、前を歩く山慣れた感じの見知らぬおじさんを勝手に心の中で「お父さん」と名づけてついてゆく。傍から見たら、無口な親子に見えたかもしれない。

f:id:kiccasan:20161029075823j:plain

中間地点。ワタシはここで必ずこれを食べる。

f:id:kiccasan:20161029075934j:plain

天狗焼き。黒豆ギッシリで美味しい。

ここから先は薬王院に入る。猿園は入ったことがない。人も増えるから、いろんな人がいておもしろい。舗装はされているけれど、石段が続いたりしてやっぱりキツい。むしろ、クッションがないぶん山歩きよりキツいかもしれない。階段ツラい。

f:id:kiccasan:20161029080514j:plain

これが見たかったんだ。

頂上は人が多くて、座るスペースを確保するのも大変。その点、ひとりならスルッと座れる。富士山を見ながらお昼を食べられた。満足。

観光地化しているからか、人種も年齢も組み合わせもいろんな人が来ている。犬の散歩の夫婦や遠足の園児たちもいる。親子連れ、夫婦、学生グループ、職場の仲間、ママ友、数年来の友人同士、国籍を越えた留学生グループ、ファッションがちぐはぐでどういう友人かわからないグループ、本気の山歩きファッションもいれば、ランナーもいる。デートのカップルもいる。ベビーカーを押している家族までいる。ひとりぐらい、おひとり主婦が混じっていても気づかれないかもしれない。

f:id:kiccasan:20161029081417j:plain

帰りは違う道を行きたくて4号路の山道を選んだのだけど、前をゆく女子大生のあとをついていったけど残念ながらお仲間には見えなかったみたいだ。

f:id:kiccasan:20161029081406j:plain

お土産は消えもの。
また、義理ママと義理伯母にお裾分けしようと思う。


念願の富士山が見られて大満足だけど、いつか富士山にもまた登りたい。中学生のときに登った以来だ。あのころは日常的に部活で走っていたから今より体力もあったし、明日の仕事のこととか考えなくてもよかった。
ボディブローのようにじわじわきた筋肉痛が3日目の今朝も取れない。



□□□読んだ本□□□

「大人のアレルギー」は腸で治す

「大人のアレルギー」は腸で治す

広告を非表示にする