読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

そうだ、温泉に行こう。

今年は、チチの会社が代替わりしたり、ワタシが腰を落ち着けて働き出したり、ムスコが中学生になってようやく人間関係が落ち着いたり、いろいろ変化の年だった。

f:id:kiccasan:20161221084746j:plain

そして、ささやかなボーナスを持ち帰ったチチが、「温泉旅行でもしようか」と言い出した。実は、これまで家族水入らずで旅行に行ったことがない。いや、もしかしたら4人揃って旅行したこともないかもしれない。親戚だとか家族ぐるみの友達だとかと旅行したときも、チチが仕事でいなかったり、ムスメがまだ生まれてなかったり、どちらかの試合で目的地は同じでも兄妹は別行動だったり、日帰りでは出かけているけど、チチの休みの都合上宿泊はムリだと諦めていた。チチの休みだけじゃない。子どもたちのサッカーもギリギリまであるし、今年はワタシもギリギリまでシフトを出している。いつもなら、「ムリだよ」と一蹴していたと思う。
「探してみるよ」
と仕事にゆき、たまたま残業が決まって休憩時間が延びた。その間に旅館を検索した。今はスマホで何でもできるから便利だ。出勤中に心に決めた予算で検索したら、2食つきのプランが見つかって家族LINEに投下。チチから「任せる」といういつもの丸投げ発言をいただき、残業終了後に歩きながら予約した。われながら、思いたったら行動は速い。

そういえば、昨日は朝から調子がよかった。倒れた友達の安否は確認していない。でも、毎日きちんとやることをやる覚悟を決めた。先延ばしにする明日は来ないかもしれない。「そのうち」とか「いつか」とかは少しずつなくしてゆこうと思った。そして、楽しくやろう。仕事も家事も自治会の仕事も、ムリせず楽しくやろう。そういえば、小学校最後のPTA役員は、連絡がないから免れたみたいだ。
仕事でも、イレギュラーに対応しながら少し余計に動けた。言い渡されたノルマを達成して、上司のスマイルをいただいた。そうやって、少しずつ必要な人になってゆく。できることが増えればいなくなったら困る人になれるから、ワタシの自尊心は維持される。家のことだってそうだ。さらに、目先に楽しみなことができたからテンションも上がっている。こうやって少しずつやれることをやって、楽しくゆるゆると自分たちの暮らしをしてゆけばいいんだ。


昨日の逃げ恥最終回を見ていて、「小賢しいみくりさん」の気持ちがすごくわかると思った。ということは、世の中にワタシみたいな気持ちでいる人は意外といるのかもしれないと思った。親だから何でもやってくれると思うなよ。ワタシがやりたいからやるんだ。仕事も家事も、ワタシの仕事や気づいたことはやる。でも、ワタシがやりたくないことはやらない。ワタシがやりたいようにやる。ワガママとかではなくて、強制でも押しつけでもなく、自分の意思でやりたいやり方でやるんだ。パッションだ。



あぁ、温泉が楽しみだ。
安くて古いホテルだから悪い口コミもあったけど、ワタシたちが楽しめばいいんだ。楽しいことを全力で楽しむために、やることはさっさとやっておくんだ。年末の計画を立てながらこなしていたら、義理姉からお年玉廃止の通達が来た。もらうほうはもともとあてにしていなかったから、あげるほうが減ってわが家は万々歳。子どもたちはもともともらいすぎていた。本気で欲しいものもそれほどないし、すでに貯金が(子どもにしては)だいぶある。毎年ボーナスの1/3くらいを費やしていた交際費が、今年はグッと減りそう。その分、今関わってくれている人に心を配ろう。義理でなく、心からの感謝を。



なんだか、少しずつだけど変わってゆく。
寂しい変化もあるけれど、それでいいんだ。



□□□読んだ本□□□