たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

初心に帰ろうか

また最近、片づけの本を読んで「なるほど」と思うことがあり、「もっとワタシもいらないモノを減らせるか考えよう」と呟いてから「これ以上、何を減らすんだろ」と自分でツッコんだら、隣にいたムスコが「オレも思った」とツッコんだ。

そうはいっても、今年に入ってからまたちょこちょこと捨てている。形あるものだけじゃなく、スマホの中もアプリの設定を変えたりとか自分の意識を変えたりとかしてまだまだ減らせるものがあると気づいた。久しぶりに会った友達は世間でいうオタクなのでいわゆるマキシマリストの人が多くて、そんな会話を聞いていたら口には出さないけど価値観とか住む世界が違うなと改めて感じた。否定はしない。だって、すごく楽しそうで羨ましいもの。ただ、子どももいて収入も自分の時間も少ないワタシには彼女たちみたいな暮らしはできなくて、今の自分の身の丈に合った暮らしはどちらかというとミニマリスト的な暮らしなのだと思う。ミニマリストになりたいという気持ちはないのだけれど、モノは多くないほうが管理も楽だしワタシにとってはストレスが少ない。オタクの彼女たちにとっては、好きなものがたくさんあったら嬉しいし心が満たされるのだろう。それはそれで素晴らしい。でも、残念ながらワタシにはそれほど情熱を注げるものがないから、モノは少なくていいんだ。というか、むしろ最近はモノが少ないほうが心地いい。

f:id:kiccasan:20170109073000j:plain

モノを減らした分、やりたいことをやることに情熱や時間やお金を使いたい。それはたぶん、自分と自分の身のまわりを整えることや、ふらりとどこかに出かけることなんじゃないかと思う。



□□□読んだ本□□□

広告を非表示にする