読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

今さら気づいたこと

ジブンのコト

新しい服を買ったから、手持ちの服でファッションショーをした。とはいえ、1アイテム3枚から多くても4枚しか持っていないから、ファッションショーもすぐ終わる。

仕事柄、シーズンごとに新しい服を買う。でも、最小限の服を着回していると、1シーズンでへたれてくるのも事実。白はうっすらと黄ばみ、ニットは毛羽立ち、襟元や袖や裾が型崩れしている。毎日新しい服に接しているから、その劣化は一目瞭然。


ファッションショーのついでに、お気に入りのキレイめブラウスをスーツの中に着られないかと引っ張り出してきた。5年前のムスメの卒園式と入学式のときに買ったスーツ。去年のムスコの卒業式と入学式にも着た。
久しぶりに着てみたら、なんだかぜんぜん似合わなかった。髪型が変わったから?老けたから?痩せたから?いやいや、もしかしたら買ったときもそれほど似合っていなかったけど、イメージには合っていたから買ってしまったのかもしれない。そういうことが、ままある。


自分はこういう感じが似合うとか、けっこう思い込みかもしれない。かといって、誰かに「あなたはこういうのが似合うよ」とか教えてもらったこともなく、ただ、髪型はショートのほうが評判はいい。
若いころは、茶髪のショートカットでTシャツジーンズでボーイッシュにしてたけど、40代でそれだと手抜き感が拭えない。20代なら男の子だけど、40代は男の子ではない。メンズスタイルでバシッと決めるには、身長が164cmと中途半端。


あと最近感じることは、同じ体重でも若いころと今では脂肪の付き方が違う。痩せても落ちるところが違う。それは仕方のないことだから、せいぜい意識して衰えるスピードを遅くするしかない。歳を経てこそ、その差は歴然となる。30歳からダンスを踊り、人に見られることを意識してきたハハの母は、それなりに歳は感じるとはいえやっぱり還暦過ぎても若く見える。

こないだ、お世辞だと思うけど、バイト先の若いお嬢さんに「kiccaさんは34歳だと思ってた」と言われた。ありがとう、なんで34歳。でも、まだ30代に見られたいなぁと思ってる自分がいる。


スーツが似合わなかった理由は見当がついている。テーラードカラーが似合わないんだよ。だって、ワタシは絶対に骨格ストレートじゃないもの。
似合わないといえば、丈の長いジャケットも違和感がある。骨格ナチュラルだと思ってたけど、もしかしたらウェーブなんじゃないか?
今までキャラに合わないと思って試着すらもしなかったけど、今度ウェーブっぽいスーツを試着してみようかな。フリフリかわいい系じゃなくても、ノーカラーのショート丈のジャケットにシンプルなパンツスタイルとか、フレアースカートとか、案外イケるかもしれない。
来年はムスメの卒業式と入学式。それまでにのんびり探してみようかな。再来年のムスコの卒業式と入学式、その2年後にもムスメの卒業式と入学式がある。歳を重ねて誤魔化しが効かなくなったぶん、似合う服を着たいなと思う今日このごろ。なかなか、これぞという服が見つからない。


ちなみに、今回は初めてスカンツに挑戦した。
足元がスースーして落ち着かない。

f:id:kiccasan:20170131173016j:plain

でも、パンツもスカートもアンクル丈とかクロップド丈が好きだなぁ。ワイドパンツも履いてみたいから、デニムワイドパンツが出たら買おうと思って1年待っている。



□□□読んだ本□□□

ダイエット経験者のダイエット本を見ると、アフターの時点で自分より体重があったりしてなかなか参考にならない。68kgから15kg減らしたのはスゴいけど、ワタシの中でその体型はスリムではない。もしかしたら、68kgからの15kgよりも、50kgからの2kgのほうが大変なんじゃないかと、大変なことをしたくないワタシは絶望的な気分になる。