読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

学級閉鎖

中学生のムスコのクラスが昨日から学級閉鎖。当のムスコは元気そのもの。もしかしたら、先週微熱が続いてたみたいだけど、それってインフルエンザだったんじゃないの?と思いつつ、ほっぺたが赤いくらいでたいした症状もないので学校もサッカーも通っていた。そんなムスコが木曜日まで自宅学習。ワタシもバイトがお休み。ワタシの精神の安定のために、昨日の午前中ムスコは自宅学習でハハは2時間ウォーキング。ついでに本屋に立ち寄り、ムスコの苦手な英語と、5教科のワークを買ってきた。

f:id:kiccasan:20170207154814j:plain

勉強せぇよ。


こんこんと、それはもうこんこんと1学期からお説教してきた。サッカーを続けたかったら自力で勉強しろと。ご近所の大好きな先輩くんも、先日志望校に合格。お母さんが倒れたり大変だったろうに、かっこいいよ。幼稚園のころからずっと彼に憧れて追いかけてきたムスコだけど、中学のクラブチームは別のチームを選んだ。先輩くんの入っていたチームは、ムスコたちが所属するチームから入る子がたくさんいる。先輩くんはその中で頭角を現しサッカーでも活躍したけれど、いじめられっ子だったムスコは同じチームの子が誰もいないチームを選んだ。それは、今となってはいい選択だったんじゃないかと思う。

さて、大好きな先輩くんが卒業してしまう。
ムスコはどんな道を選ぶのか。

中学に上がり、人数が増えたことでムスコのいじめられっ子濃度は薄まり、ムスコをターゲットにしていた子と力関係が逆転したことでムスコはいじめられっ子から脱出した。ムスコは感情をコントロールして、目立たないように友達と悶着を起こさないようにしていた。目立たないように……成績もサッカーもトントンで目立たず。それはそれ、悪目立ちは困るけど、成績がいいぶんには問題ないと思うけど、テスト前あるあるの「オレぜんぜん勉強してないしー」を真に受けて、のらりくらりとやっていた。ダメダメ。先輩くんみたいに、「オレぜんぜんやってないしー」って顔してあたりまえに勉強して、あたりまえに自主練しなきゃ。それで培った自信があるから、先輩くんは志望校に合格できたんだと思うし、上のチームから引っ張り上げてもらったんだと思うよ。

とはいえ、2学年違うムスコと先輩くんは同じ高校に行ってもほとんど一緒にサッカーはできない。昔のままではいられないのだ。
これから、ムスコが自分の道をちゃんと選んでゆけることを願う。



□□□読んだ本□□□

ふなふな船橋

ふなふな船橋

広告を非表示にする