たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

海を見にゆく

「滝を見に行く」って映画があったなぁ。
その中の「40過ぎたらみんな同い年よ!」というセリフが印象に残っている。
おばちゃんたちの珍冒険。日頃の不満が爆発したり、童心に返ったり、一生忘れられない体験になることは間違いない。


明日が雪予報だったから、今日しかないと朝からママチャリで出発した。
目指すは海、なんだけど、3年前にムスコと江ノ島まで行ったから、ただ江ノ島もつまらない。それで、寄り道することにした。

f:id:kiccasan:20170208163646j:plain

河津桜が咲いていた。梅も満開。
バイト先の一足早い春モードに季節感がわからなくなっていたけど、外の世界もそろそろ春が近づいている。


もう何度も走っている川沿いの道を下る。ワタシのママチャリスタイルは、いつも「ちょっとそこまで買いものスタイル」だ。今日は、クロップドスカンツにモコモコブーツで、ショートダウン。近所で見かければ「これからお仕事?」と聞かれそうだし、江ノ島で見かければ近所の主婦が陽気に誘われて公園でランチしてるようにしか見えない。
今日はちょっと寄り道して湘南T-siteに寄ったけど、それこそ近所の暇な主婦が、子どもたちが学校に行ってる間にぶらぶらしにきたくらいにしか見えなかっただろう。実際、近所にあれがあったらしょっちゅう入り浸ると思う。職業柄バイト先の服しか買わないので、アパレルじゃないところもいい。


T-siteを冷やかして、猫のハンカチと黄色のチャコペンとパンを買って、また川沿いを通って海へ。いつもの川沿いとは違う道なのも、小さな冒険心をくすぐった。引地川沿いはとてもいい道だった。

f:id:kiccasan:20170208165104j:plain

富士山は残念ながら雲の中。

f:id:kiccasan:20170208165133j:plain

江ノ島は見える。今回は見るだけ。


3年前はムスコと江ノ島まで下った。初めての大冒険に、ムスコは思いのほかはしゃいでこちらの体力も顧みず岩屋探検までして、帰りは頼んで船にしてもらったが、船を待つ間もひとりで岩場を探検していた。帰りも立ち漕ぎくらいの勢いで、ついてゆくのがやっとだった。
そのときは「ワタシはいいや」と気が知れないというような顔をしていたムスメが、最近「ワタシも行ってみたい」と言い出した。こんなことが一緒にできるのは小学生までだと思うから、春休みにでも連れてゆこう。帰り道は下見も兼ねて、片瀬江ノ島からいつもの道で帰る。
途中、休憩スポットとトイレスポットをチェックしながら。3年前にはなかった店もあった。ムスコと違っていちおう女の子だから、トイレスポットもなかなか重要だ。とはいえ、トイレに関してはムスメよりムスコのほうが繊細だったりするのだけど。


お昼のパンはトンビが怖くてコソコソ食べた。
トイレに寄ったスーパーで買ったハムかつを食べながら、帰りも遊水池公園で休憩。川沿いだからなだらかとはいえ、やっぱり帰りは少しキツい。

f:id:kiccasan:20170208170256j:plain

ロードバイクの人たちにガンガン追い抜かされるたびに、あっちのほうが速そうだと思うけれど、マイペースでのんびりぶらぶら、ちょっと近所に出かけるくらいの感覚がいいんだろうな。ウォーキングも、本格的にスポーツウェアに身を包んだりしない。普段の服に、暑くなるから薄手のウインドブレーカーを着るくらいだ。

自分が通った道を地図で手繰って、また気になる場所を見つけて道を探す。そのお供のカメラはスマホでじゅうぶんなのかもしれないと、また自分の中で見切りをつけた。
ロードバイクもカメラも、今はいらない。
もっと自由な時間ができたら欲しくなるかもしれないけど、今のワタシはカメラの荷物になる感じも、ロードバイクの人たちのいかにもなスタイルも、なんだか煩わしい。


□□□読んだ本□□□

いつか来た町

いつか来た町

そうそう、餃子の夜から2kg落ちました。目標はあと2kg。

広告を非表示にする