読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

もっともっと片づけたい

ジブンのコト イエのコト

バイトが閑散期に入りなんだか寂しいと感じながらも、その情熱を家の中に注ごう!とまた片づけとダイエットに勤しむ日々を送っている。
昨日は、ムスメのバレンタインチョコを配達するついでに、実家から借りていたものをそっと返してきた。


最近、何度目かの抜き作業をしているので、北の部屋に塚ができている。もうこの段階になると、スパッと「いらない!」と判断できるようなものは減ってきて、何度も繰り返してきた片づけを乗り越えてきた叶わない理想や憧れみたいなものを手放す感じだから、なんとなく躊躇いもある。でも不思議なもので、その理想や憧れみたいなものに見切りをつけることに思ったより家族は淡白だったりする。ワタシの行動に驚かなくなっただけなのか、それとも、そんなものにはとうに見切りをつけていたのか。邪魔でしかなかったワンダーコアも、捨てるか売るかしてもいいか義理パパに聞いてみてと頼むとあっさり了承を得た。チチの死蔵品のプラモデルは、なぜかムスメが興味を持ち始めたので2人で仲良く楽しんだらいいと思う。使っていれば、問題はないのよ。ムスコのときは自分のコレクションを出す気はさらさらなかったから、チチも変わってきているのだろう。プラモデルの次は、死蔵品の車関係や、ゲーム類にも気持ちが向く可能性もある。長い目で見守ろう。



久しぶりに実家に寄ったら、やっぱりカオスだった。まだまだ元気な両親でも、片づけるには気力と体力が必要らしい。ワタシだって、仕事が忙しいときには停滞する。だから暇なときにガツガツやるのだ。
買いものの失敗も目の当たりにする。失敗を受け入れるのはツラい。でも、今思い切ってしまえば、きっとスッキリする。子どもたちに買った折りたためないテーブルが邪魔で仕方ないから、折りたためるテーブルに買い替えたい。買い替えよう。思い切って買い替えることだって必要なことなんだ。間違いを認めて反省してやり直すのは、人生と一緒。開き直ってやらないと、後悔を引きずることになる。


さて、今日も休みだ。動こう。
ママチャリのブレーキが死んだから、直してもらいにいかなきゃならない。


□□□読んだ本□□□

お金を整える

お金を整える

久しぶりに本を買った。古本だけど。
まず、財布を整理してみた。
いきなりは受け入れられないかもしれないけど、今ならポイントカード3枚でも暮らせる。どんどん迷いは減っている。
目からウロコなことは、いまだにたくさんある。