読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

手続きについて調べる

チチの会社は、去年まで昭和だった。

休みは日曜祝日のみ。
有給休暇なんてないけど、融通は利く。
始業時間も就業時間も決まってない。
まぁ、この辺は今も変わらないけど。

年金も健康保険も自腹。
給料は手渡し。
だったのが、社会保険になり、給料も振込になるらしい。

商売も地域密着でこじんまりやって不明瞭会計だったのを、今の社長がネット販売を始めたり持ち前の人脈と営業力でじわじわと拡げているらしい。そして、しっかり者の奥さまと不明瞭だった部分もハッキリさせてくれている。ワタシたちのほうも、以前は何を言ってものらりくらりと躱されていたけど今はきちんと応えてくれるので、自分なりに考えたり調べたりするようになった。ホントに何も知らずに暮らしてきたんだなと、自分でも呆れている。



新しく給与振込口座を開設することになるので、今の家計口座をそちらに移動することに決めた。しかし、公共料金の引き落としなど手続きがいろいろありそうだ。

とりあえず、銀行の通帳を見て引き落としになっているものを確認する。
わが家の場合、
・住民税
・年金
・健康保険税
・家賃
・駐車場代
・水道料金
・生命保険
・損害保険
・共済
・クレジットカード
それから、役所からの手当なども家計口座に振り込まれる。

住民税と年金と健康保険は、給料から天引きになるので手続きは終了している。前の保険証も返納したので、あとは還付金を待つのみ。
水道料金は、新しい口座のある金融機関で手続き。
家賃と駐車場代は、公社の窓口センターに連絡して申請用紙を送ってもらう。
保険はチチに一任しているので、チチから営業さんに連絡してもらうつもり。
共済は、残念ながら取り扱い金融機関じゃなかったので、ワタシの給与振込口座から引き落とすことにした。
クレジットカードは、ネットで手続きできるらしい。

とりあえず全部書き出して、ちょっと気が楽になった。


救いだったのは、電気やガス、NHK受信料や通信関係もクレジットカード払いにしてあったこと。クレジットカードも1枚しかないので(正確には家族カードとETCカードもあるけど)手続きも1回で済む。
滅多にないことだろうけど、いろいろ見直すにはいい機会だと思った。


もうひとつの問題は、新しい口座の金融機関が立ち回り先にないことだったのだけど、それも提携金融機関のATMが手数料無料で使えるとわかったので解決。直接店舗に行くのはちょっと大変だけど、提携金融機関なら通り道にある。毎月のことだから解決してよかった。


他にもいろいろ考えるいい機会だから、いろいろ見直してみよう。



□□□読んでる本□□□

誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books)

誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books)