読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

塾通いを考える

コドモのコト

この学年末テスト中、北の部屋に巣を作ったムスコは部屋にこもってずっと勉強していた。見張っていたわけではないけれど、たぶんがんばっていたと思う。他の教科では成果も出ている模様。

だけどだけど

苦手な英語が惨憺たる点数だった。
うなだれて帰宅したムスコが「塾に入れてくれ」とのたまう。「じゃあ、サッカーを辞めて」と応える。勉強と両立させるのが、サッカーを続けさせる条件だった。
ムスコの通う中学校にはサッカー部がないから、サッカーを続けるにはクラブチームに入らなきゃならない。初期費用10万円超え。毎月会費が1万円以上、さらに交通費で1万円。合宿や遠征なども年間で10万円くらいは軽く飛んでゆく。毎年新しい練習着を買わなければならず、スパイクは3ヶ月もたない。ワタシのバイト代は子どもたちのサッカーに消える。

さらに塾?
ムリムリ。

そうはいってもどうにもならないので、塾は考えなきゃならない。なるようになると思って動くしかない。サッカー辞めろとは言ったけど、そんなことはできないのはわかっている。ムスコからサッカーを取ったら何も残らない。日がな一日ゲームして、塾のない日はゴロゴロして、遊ぶ友達もおらず、目標がないから勉強は捗らず、入れるレベルの高校に入り、周りに流されて……恐ろしい。行く末が恐ろしすぎる。ムスメならまだ友達ともうまくやりそうだし好きなことも次から次へ見つけてくるだろうけど、ムスコはゲームくらいしか興味がないし、とんでもなく不器用で人付き合いも上手くない。


というわけで、今週末は塾の説明会に行ってきます。
おかしい……ワタシも勉強嫌いだけど、中学まではそんな成績は悪くなかったぞ。得意科目は5が取れたし、不得意でも平均点以下とかなかったよ。高校は理数系アウトだったけど、やっぱり古文とか日本史とか得意科目は5だったよ。もちろん5段階だよ。そこそこの高校だったけどさ。


ワタシが気になるのは、彼の思考の中に「塾に行ってないから」という言い訳があること。サッカーでもそう。体が小さいから、足が遅いから、身体能力が低いからと常に自分に言い訳をしている。ならば、それを補う努力や改善する努力をしているのかといえば、言い訳をしているだけで何もしていない。男子の中でサッカーをやっているムスメも、周りから「女の子だから」と甘やかされているけれど、じゃあ女の子の中ならがんばれるかと言えばそんなことはない。同じように甘やかされている女子たちとなぁなぁでやっているなら、中学生になってわざわざクラブチームに入る必要はない。趣味でフットサルでもやればいいと思う。そうでなくてもムスコより頭の出来は良くないのだから、軽い気持ちでクラブチームなんかに入ったら、時間がないとかいってムスコ以上に勉強しないのが目に浮かぶ。

塾代、どこから捻出しよ。


とりあえず、日々の生活から変えてくれとは言ったけど、まだ2日目で変化は感じられない。
ついでにムスメにも、大好きな子とサッカーができるのは今年1年だけだよ、とハッパをかけた。中学は一緒だけど、上手な彼は強いクラブチームに入りそうだし、何より男女が一緒にサッカーはできなくなる。今日はウキウキと宿泊遠征に出かけて行ったけど、その遠征だってあと2回。ものすごい成長して、トップ遠征に紛れ込めたら3回。ムスコはギリギリおまけで紛れ込めたけど、ムスメは今のところ絶望的。女子だからとか関係ない。1学年上の女子は当たり前にレギュラー入りしてたし、プロ入りした先輩は男子トレセンのキャプテンになったくらいだから、1学年上のトップ遠征にも呼ばれたそうだ。ムスメなんて、女子トレセンだって危うい。遺伝とか生まれ持ったものとか、生活環境だとか、ワタシたち親の責任もなきにしもあらずだけど、それだってけっきょく言い訳よねーと身体能力が高くて(体は大きくないけど、運動会では5年間リレーの選手で、50mのタイムも9年間サッカーをやっている2歳上の兄より速い)要領もいいのに努力しないからそこそこなムスメを見てると思うのだ。好きならば、やりたければ、どんな環境でもやるんだきっと。ワタシだって、ちょっと前までは5時起きで7時半出勤なんて不可能だと思っていた。でも今は当たり前にやっている。むしろ、7時半出勤のほうが楽だとすら思っている。6時出勤なんてムリだわーと思っていたパン屋さんも、もしかしたらできるかもなぁ。ムスコがお風呂で寝なくなったら(笑)


さて、ワタシもいろいろ見直そうっと。



□□□読んだ本□□□

お金も時間も生む超かんたん時間簿ノート (講談社の実用BOOK)

お金も時間も生む超かんたん時間簿ノート (講談社の実用BOOK)

広告を非表示にする