読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん、フツーのお母さん

自分のペースを探る、背伸びしない暮らし。

定番について考える

なんだかいろいろなことが無駄なんじゃないかと思い始めた今日このごろ。やらなきゃならないことをやって、買わなきゃならないものを買うだけで1日が終わる。おなかがキリキリ痛いなぁ、腹ペコだからかなぁ、と思っていたらおなかを壊した。


そんな日々でも、仕事柄服だけは買うけれど、さて何を買おうといつも悩む。
ホントにいつもいつもバカみたいに悩む。自分のものは何を買うにも悩むんだけど、服は買わなきゃならないと思っているから余計に悩む。買わなきゃならないけど無駄遣いはしたくない。かといって何でもいいわけじゃない。自分を良く見せたいし、あわよくばおしゃれとか思われたい。多少の妥協はするけれど、どうでもいいと思ったことはない。


今まで、何でもそうだけどあまり定番というものを持っていなかった。みんなが持っているものに魅力を感じないたちだったというのもあるけれど、「コレだ!」というものもなくふらふらしていた。実家ではシャンプーすらもテキトーなものを使っていたのだ。それが、無駄を減らそうと思うと不思議と買うものが決まっていって、自分の中で定番ができてきた。ボディソープはコレとか、洗剤はコレとか、こだわりがなかったワタシがこだわりというほどでもないけど決まったものを使うようになった。あれこれ迷わなくて済むし、チャレンジして失敗なんてことも減るから、定番を見つけることはつまるところ無駄を減らすことになるんじゃないかと思う。


で、着るものも定番があったら楽だなと気づいた。
バイト先ではなるべく長く着たいから定番のものを買うことが多い。定番の中でも、好きな素材だったり、好きな型だったりがあって、サイズ感だったり、色だったり、迷う要素はたくさんある。似合わない色や型もある。

さて、ワタシの定番はなんだろう。
ボーイフレンドデニムとか、
ボーダーボートネックとか、
ニットはVネックを着てたけど、クルーネックのほうが好きかも。
40歳過ぎたから、あんまりカジュアル過ぎるのもどうかしら?
トップスはやっぱりコンパクトなほうが好きだとか、
色は青と黄色が好きだとか、
だんだん見えてくる。

f:id:kiccasan:20170308070437j:plain
昔はいろんな服を着てたなぁ。
そして、この中にもワタシの定番は隠れている。
ボーイフレンドデニム、ケーブルセーター、青と黄色、くすんだグレー、くったりしたシャツ、ボーダー。


とりあえず、この春のワードローブは
・ボーイフレンドデニム
・クロップドスカンツ
・リネンシャツ
・ボーダーTシャツ
・クルーネックカーディガン

マイ定番は、
・ボーイフレンドデニム
・ボーダーTシャツ
・クルーネックカーディガン
春夏はボーダー、秋冬はクルーネックニットを定番にしよう。


あと、夏の水遊び用に半袖ワンピースが欲しい。
これは仕事には着ていかないから、バイト先で探さなくてもいいかな。

もちろん、定番だけじゃなく冒険も楽しい。今回のクロップドスカンツなんて冒険だったけどかなり気に入っている。膝下フレアーを定番にしたいほど。
ワンピースも、そんな定番を見つけられたらいいなぁ。



□□□読んだ本□□□

進藤やす子のおしゃれのルール (宝島SUGOI文庫)

進藤やす子のおしゃれのルール (宝島SUGOI文庫)